金子哲雄

金子哲雄 (かねこてつお、1971年4月30日-2012年10月2日) とは熱いテンション大らかな体を売りにする自称流通ジャーナリストのことである。

人物概要編集

彼は第二の森永卓郎と言われ、将来有望な新人である。彼の特徴としてはその語り口調がまず第一に挙げられる。彼の口調は独特で一つ一つを捲くし立てるように熱く語りかける。たとえ周りがドン引きしようと捲くし立てているのである。また、彼は稀代の名役者であり、彼が死亡するときまで自身が話した人間を除いてすべての周囲の人間に病気の症状を悟られること無く逝った。このことから彼は流通ジャーナリストではなく役者を目指すべきではなかったのでは?と言う声があがっていたが彼の最大の特徴にして最高の武器である語りを本人がうまく使いこなしていたためコメンテーターとしての活動が最も似合っていたと言う結論に落ち着いた。が、天国の財政難、深刻な人員不足、流通ビジネスの悪化などなどの理由から神に御呼ばれしてしまい41歳と言う若さで病死してしまった。

略歴編集

  • 1971年4月30日、東京もどきに生まれる。が、なぜか育ちは神奈川県神奈川市。姉と弟がいたが二人とも彼より先に病死してしまったため彼は猛働きすることになる。
  • 1994年、慶応義塾大学卒業、そしてその年に現在は社会から無かったことにされているジャパンエナジーに入社する。
  • 一年も経たないうちに退職、そしてコンサルタントなどとして活動を始める。
  • 悪名高き小沢一郎政治塾に入りより人脈を深める。
  • 2008年、無謀にもテレビ出演。
  • 2009年、京都大学もどきでもない京都産業大学大学院経済研究科を(35歳で)修了。
  • 2010年、キャラがブレイクする。
  • 2012年10月2日、41歳と言う若さではあるがしゃべくり過ぎて姉や弟と同じように癌もどきで死亡する。

彼の死に対する悲しみの声編集

 
あまりのショックに悲しむ同士たち
「将来有望な彼が死んでしまい本当に悲しい。それにこのままだと僕にデブキャラがついてしまう」
金子哲雄 について、森永卓郎
「あんな元気だった彼が死ぬとは思えない。絶対にドッキリだ」
金子哲雄 について、尾木直樹
「将来有望な彼が死んでしまい悲しい。もしも自民党に入ってくれたら自民党がもっと有名になっただろうに」
金子哲雄 について、小沢一郎
「彼が死んでしまったら僕のキャラだけ浮いてしまう。それは許せないから帰ってきてほしい」
金子哲雄 について、門倉貴史
「彼の死に心から悲しみを憶えるとともにこれで見なくてもいいと思うとせいせいする」
金子哲雄 について、馬鹿発見器の利用者
「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ」
金子哲雄 について、同士たち

葬儀編集

葬儀はほとんど彼の手によって行われたようなものであった。彼は死ぬ直前まで自身の葬儀の計画を推敲し、実際に葬儀は最高にうまくいったとされている。彼が納棺されるときはせめてもの予想外ということでメロンパンなどの食料品や妻との大切な写真などが無造作に投げ入れられた。これに対し天国で金子氏は驚きを隠しきれていないようで、同時に感極まって泣いたとも言われている。

今後の予定編集

地上ではあまりぱっとしなかった彼だが天国ではその口調などを武器として大衆をうまく先導し天国のデフレを脱却させる見通し。またマルクスなどの著名な経済評論家などと手を組み大会社を立ち上げ天国一の卸売り業者を立ち上げて天国の流通ビジネスを活性化させるそうだ。また、天国でもコメンテーターとしての活動を続け、大衆に愛されるキャラを確立していく模様。どうかアクティブに活動していってくださいとしか言いようが無い。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金子哲雄」の項目を執筆しています。


  執筆コンテスト
本項は第23回執筆コンテストに出品されました。
この項目「金子哲雄」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)