遠方制御装置

遠方制御装置(えんぽうせいぎょそうち)とは電力会社が人々を洗脳するために設けた、電力制御用として一般には説明されている人間を制御する装置である。

装置の概説編集

 
まるでインベーダーのようである。

遠方制御装置は電気回線に取り付けられており、電柱上にその装置の存在を見ることができる。 電柱上に設置された場合における装置の形状はフチのあるコップを逆さまにしたような形状であり、大概の場合灰色をしている。 この装置はテレパシーをリピート増幅して遠方に伝える機能を持っており、遠方の人間を制御することができる、また一般・専用通信回線や無線は一切使用していない。 ここで用いられているテレパシーとはこの宇宙の法則が作り上げた奇跡であり、その全容はいまだ解明されていない。 テレパシーは光の速度とほぼ同速度で空間を伝播していき電気回線の中を伝わりやすいことや、物体に物理的作用を与えることが できることがおおよそわかっている。 この装置は紀元前3500年のメソポタミアで発明されたことがわかっており、この道具によってさまざまな神託や予言が行われたことが遺跡の発掘調査からわかっている。


制御方法編集

様々な物体に宿るさまが小声でテレパシーでおくったメッセージを伝えてくれる。 ある人に小声で伝えられたメッセージは脳内でその人の考えとして捉えられ、それによって行動が制御される。 部屋にある物体や機器の位置を把握しておくと超能力者はより効果的に制御ができるようになる。


関連項目編集

出展編集

  • TEPCO おもしろ情報館[1]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「遠方制御装置」の項目を執筆しています。