真田信繁

真田幸村から転送)
倍プッシュだ!
「何で俺だけ影が薄いんだ・・・」
真田信繁 について、真田信之

真田信繁(さなだのぶしげ) は戦国時代〜江戸時代初期に活躍したサムライ、SM縛り師、AV男優、ハードゲイ、俳優、歌手アイドル裸族である。真田幸村の芸名を持ち、これは父真田昌幸と愛用していた妖刀村正から一文字ずつとられたものである。なお人生で最も活躍し、死去した年齢は48、49歳だが本人は17歳教に入信しているため永遠の17歳であり、戦国無双戦国BASARAでは永遠に今が旬の青年として描かれている。実際の信繁は、普段は温厚なただのオッサン風であったが、一度采配を握ると人格が変わったと伝わる。

豊臣家の家臣であり、大坂夏の陣では豊臣を滅ぼさんとする徳川を逆に死の淵まで追い詰めたとされ日本一の兵と称された人物である。たまに武田信玄に仕えてたという戯言を抜かす人がいるが、武田信玄に仕えているのは信繁のふりをしたバッタモンであるので注意が必要。たまにこの事が理解できない大きなお姉さんが暴れだすので、その際は毒入りスイーツ麻酔銃で鎮圧すべし。

てかいいかげん本名で言えよ!なお各種パチ攻略誌(笑)によると、CR花の慶次焔では彼が準主役の扱いの癖に信頼度が直江どころか最弱の伊達以下という異常な扱いの悪さらしい。今に始まったことではないが…

生涯編集

幼少時代編集

生誕

武田信玄がブイブイいわせていて武田家が絶好調だった頃、信玄の側近であった真田昌幸の次男として誕生。幼少時代は雛見沢村で過ごした。幼名は真田圭一(さなだけいいち)。

一家で逃亡

そんな武田家も勝頼の代になり、織田家の攻撃を受けて滅亡。叔父を2人失う。一家そろって甲斐から実家の上州エクストリーム・帰宅するハメとなった。

青年時代編集

景勝(と菊姫)の衆道奴隷

その後は織田家の傘下に加わるも、今度は織田家が本能寺の変で崩壊する。真田一家は、織田家が取り残した武田信玄の遺産を奪おうとする徳川家康VS北条蛆虫の激闘の中、上杉、北条、徳川と従属先をコロコロ変える。遂に徳川、北条が和解、真田一家の縄張りを勝手に処分しようとしたため、昌幸は徳川、北条に対抗すべく結局後背に位置する越後上杉景勝に臣従、人質として信繁は景勝の元に送られる。景勝は信繁をいたく気に入り近習させた上で、信玄の娘でもある愛妻・菊姫と共に、越後伝来の車懸かりなどや甲斐伝来の啄木鳥プレイなどの華麗な衆道プレイと兵法などで信繁を夜な夜な攻め立てに責め立てて調教しまくったことにより、信繁は車懸かりを始めとする衆道プレイや兵法を習得した。

彼が元服したのはこの頃である。昌幸はお兄ちゃんを支える立派なになってね☆という願いを込めて、武田家において侍の中の侍と絶賛されていた信玄の実弟にあやかり、信繁という諱を付けたというが、後述のように主君筋の名前を一文字と言わず全部丸パクリすることが当時の武家社会の常識であり得るのかは疑問である(武田の旧家臣の家々で、晴信や信繁の名前が続出してしまう)。旧武田の家臣の家で、信繁まさかこの諱が強烈な皮肉になろうとは。

女に突撃しまくりのストレート過ぎる青年時代

昌幸はチート外交力をもって、上杉家から豊臣家直臣に鞍替えすることに成功。真田一家は豊臣大名に取り立てられ、信繁は景勝の元から秀吉の元に送られる。幸いにも秀吉は衆道の性癖がなかったため、信繁のケツの操は護られた。この頃大谷吉継の娘、豊臣秀次の幼い娘を室に迎え、他にも侍女や家臣の娘、さらに豊臣家の女中に次々手を出す。この時期の信繁がやったことは、いろんな女性と布団で交わったぐらいで、他に見るべき実績はない。こうしてAV男優への道を歩き出す。

なお豊臣秀次の子供たちは、信繁の妻以外は秀吉の命令で全員斬首となった。なぜ信繁の妻だけが例外的に助かったのかは全く謎だが、信繁が秀吉の夜の指南役だったと考えれば納得である。しかし頭の固い学者はあえて目を背けるので、謎が謎のままである。

関ヶ原~九度山プレイの壮年時代編集

昌幸は関ヶ原で西軍に組し、上田城の攻防戦でボンクラ秀忠率いる3万8千人の徳川軍の主力をコテンパンにした上、関ヶ原の戦いに遅刻させるという大活躍をするも、西軍主力勢が関ヶ原の戦いで崩壊、TERU大坂城を明け渡したので敗北がケテーイ。家は取り潰し、九度山への蟄居処分を下される。暇つぶしにSMに興じ、遂にSM緊縛用強化紐「真田紐」を考案、家臣や妻子、村娘を責め立てて日々をすごした。昌幸が死去した後は、親の常識からかけ離れたイケメン衆道歌手ユニット真田十勇士を結成。腐女子ホモに大好評を得る。

大坂の陣編集

遂に徳川幕府は豊臣家を責め滅ぼす為軍を大坂に差し向ける。信繁は豊臣家の入城依頼を受け、棒兄弟達のために九度山を発ち、なにわの地に向かう。

大坂の陣では戦場ライブをしながら因縁の敵徳川家康をコテンパンに叩きのめし、首も仕留めた。家康の死は、それから1年、徳川政権安定に至るまで伏せられての寺に密かに埋葬され、翌元和2年4月、初めて病死として公表された。なお信繁自身は、最後は寺で居眠りしていたところを襲われ、豊臣家に殉死した。しかし遺体が発見されなかった事から生存説もささやかれた。

大河ドラマの主人公に編集

 
NHKのコメント

信繁は2016年の大河ドラマ『真田丸』の主人公となった。信繁の一生を描くにも関わらず、その生涯のごく一部を占めるに過ぎない大坂の陣にまつわる題をつけることに対する疑問は容易に予想されるが、それに関しNHKは「真田家を『戦国の荒波に立ち向かう一艘の船』に例えた」とこじつけている。

また、信繁役を演じるのは42歳(2015年時点)の堺雅人である。しかし『真田丸』は武田家の滅亡からストーリーが始まっており、作品初期においても信繁役に子役を用いていない。よって42歳の堺が当時16歳の信繁を演じるという珍事が発生し、堺は戦国BASARAをプレイして役作りしたが、これに関するNHKのコメントはない。さすが上野樹里に3歳の姫をやらせた大河ドラマである。大河ドラマ恒例の主人公補正により、信繁は豊臣秀吉のお気に入りという設定にされたことは言うまでもない。

ウィキペディアで【幸村】編集

今更言うまでもないが彼の本名は信繁であるとされている。でも現在では幸村と呼ばれている。世間に幸村の名前が定着した理由についてはめんどくさい長くなるので詳しくはここでは省略させていただくが、簡単に言うと幸村の方がカッコイイからである。確かに信繁って…なんかジジむさいしオヤジ臭いし…。 ここでも信繁と書いているが、それでも言うべきことは言うべきではないだろうか。

彼の子孫達も人から「真田幸村の子孫ですか?」と訊ねられると喜んで先祖の話を一講釈語ってくれるが、「真田信繁の子孫ですか?」と訊ねると、無視されるとのことである。

まあ要するにほとんどの人は「幸村でいいじゃん」と思っているし、教科書や参考書にも真田信繁と載っているものは見たことがないまあ、歴史ヲタ以外の人から見ればどっちでもいいことである。 が・・・

それを許さない人達がウィキペディアにはいる!!

あそこで「幸村」と書き込むや、何処からともなくうじゃうじゃと知ったかぶりの粘着厨ども歴史に詳しい執筆者達が集まってきて編集合戦となる。

今は多少は沈静化しているが、以前は荒れてもめまくった末に【真田信繁】と【真田幸村】が2つのページに別れていた時期もある。挙句の果てには滋野信繁だの豊臣信繁だの聞いたこともないような名前にタイトルが書き換えられたり、編集合戦の飛び火が他の歴史上の人物のページにまで及んだりと、ムチャクチャであった。

常識あるアンサイクロペディアの編集者諸君は、このような馬鹿げたことに巻き込まれることもないとは思うが、くれぐれも用心していただきたい。

間違ってもウィキペディアで「幸村」と書き込まないように。

正直「信繁」って名前もちょっと怪しい。「幸村」という名前の初出は、本人の死後50年以上過ぎた1672年刊行のベストセラー軍記物語「難波戦記」とみられるが、なぜ幸村という名前なのかは語源を含めて不明である。「信繁」という名前も元を正せば、昌幸が仕えていた武田信玄の弟の武田信繁と同じ名前になるが、当時のマナーでは家来筋の者が勝手に主君筋の名前を丸パクリすることは考えにくく、もし同じ名前になったら家来が憚って改名するのが恒例であった。考えてみよう。主君やその近親の名前から一字頂くことは、よくあったとはいえ、この場合、名前そのものを丸写しにするって。そして信繁の証拠だという古文書についても、「繁」の文字は崩れていて本当に信繁と読んでいいものか。

いずれにせよ、その時代の記録というものが、幸村が秀頼と鹿児島へ逃げたとか、それとも徳川のあの狸が幸村に殺されて幕府が一年の間影武者としてだまして一年後に死んだことにしてしまったとかの噂が多いのも事実だし、この人の名前も結局はそう確定できないような、風説じゃなかったか、そうじゃない?この自称歴史マニア兄さんたち?

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真田信繁」の項目を執筆しています。