医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

(がん)とは、告白したりされたりする病気である。

概要編集

癌という病気は、現在の医学では抗がん剤の投与によって延命に努めることしかできない治すことのできない疾病である。がん細胞の異常増殖によって知らない間に癌になってしまった人々は深い悲しみを覚え、立ち直ることは難しい。そこで、我々人類が考え出したのが癌を告白するという行為である。自分が患者である場合は癌であることを告白することで、周囲の人間からとりあえずという名の特効薬をもらうことができる。この告白は患者自身のみならず、医者の立場からも患者のためを思ったやさしいメッセージとして伝えられることがある。この考えは病は気からという医者がもっとも大切にしている信条から来ており、医師から余命宣告という告白を受けることによって、絶望の淵に立たされたがん患者の気分は自分への愛で満たされるという。

癌は日本人の2人に1人がかかるものである[1]。しかし、癌と診断される確率はこれよりもっと低いため、この厚生労働省の発表は嘘ではないかと指摘されている。

日本人の2人に1人、これは本当の恋愛の告白よりも多いかもしれない。中でも膵臓がんや肝臓がんなどは早期に発見することが大事になっており、早めに告白を受けて愛と勇気をもらうことが重要視されている。ただし、人によっては愛と勇気ではなく絶望に変わる場合があるので要注意である。そして、この癌を告白という言葉は癌を公表や宣告という言葉にも置き換えられることができる。しかし、告白という言葉の響きの方が心にずっしりくるのは気のせいだろうか。

治療法編集

日本医師会は、癌の患者の年齢が高い傾向にあることに注目し、「年齢を重ねると他人から孤立することによって他人からの愛が足りなくなり、癌にかかりやすくなる。」と表明している。そのため、年齢を重ねる前に自殺をすることによって癌の罹患を予防する動きがあり、社会問題となっているため癌の告白をしたりされたりすることがメンタル面においての当面の対症療法として確立されている。特に周りにがんであると告白をすることは人によっては本当に対症療法になり得る可能性がある。ただし、がんであることを告白せずギリギリまで隠すことで自身を強く保つ強者もいるので自分から告白することが治療法の全てではない。また、周囲の人間ががんであることを告白しないケースもある。このように、がんというのは告白するかしないかが非常に大きな鍵になっているのである。

癌であることを告白した有名人編集

逸見政孝
いっつみいで知られるアナウンサー。スキルス胃癌を告白し、世間に衝撃を与えた。このように有名人が癌を告白することは、世間に大きな衝撃を与えるため度々ニュースになる。
北斗晶
右乳を切除。がんに対してもそこのけそこのけといった毅然とした態度であるようだ。
川島なお美
激ヤセしたことが話題になった。ヨロイヅカファームに彼女のメッセージが残されている。
今井雅之
誤診されたのではないかと話題になった。きちんと癌の告白を受けることは大事である。
堀ちえみ
口内炎と思っていたものがステージ4のがんだった。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ステージ編集

癌の告白度合によってステージが設けられている。

段階 内容
ステージ1
癌はステージ4からが本番とされているので省略。
ステージ2
同上。
ステージ3
同上。
ステージ4
闘病中の様子をブログに載せる。
ステージ5
自伝を癌の恐ろしさを後世に伝えるために出版する。

脚注編集

関連項目編集

ちなみにウィキペディアに癌、がんという項目がないことも告白しておく。

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「悪性腫瘍」の項目を執筆しています。