「川端康成」の版間の差分

87 バイト追加 、 2011年2月28日 (月) 10:21
編集の要約なし
'''川端康成'''(かわばた やすなり、1899年6月14日 - 1972年4月16日)は[[日本]]を代表する大文豪(ど[[変態]])である。どの辺が変態かは作品の行間を読めばよくわかる。「[[人間失格|人間☆失格]]」の[[太宰治]]と不仲であったことが知られているが、実際には川端のほうがよっぽど変質者で異常者である。むしろ完全なサイコパスであるがゆえに社会的勝利者となりえたのだと思われる(太宰は「心ならずも道を踏み外した真人間」の苦悩を描いた良心的な作家ですらあり、本質としては気弱で心優しい善良な人間である。やさしさと繊細さゆえに社会的に破滅してしまうことはよくある話である。それゆえに女たちに好かれたのだろう。碇シンジが上辺は馬鹿にされつつも、暗にもてたのと同じ理屈)。同性愛で知られる三島由紀夫とは「心の友」ともいえる「師弟の契り」の仲だったらしい(「類は友を呼ぶ」のだろうか。共に「渚カヲル」ではないが耽美的変質者である)が、その関係がどこまで進んでいたのかは定かではない。
{{ウィキペディア}}
==自死への道程==
137

回編集