「累進課税」の版間の差分

27 バイト追加 、 2011年2月6日 (日) 18:48
編集の要約なし
{{ユーモア不足}}
'''累進課税'''(るいしんかぜい)とは、[[大富豪|金持ち]]により多くの税金を課す制度である。
{{ウィキペディア}}
 
== 累進課税の誕生 ==
19世紀の産業革命以降、経済力=労働人口数から経済力=資本力と変異、これに伴い経済主体間の所得格差が増大した(富める才覚ある者はますます富み、富めない無能は[[放置プレイ]])。こうして自業自得のはずのド貧民どもの間に「[[格差社会|格差]]だ~」と逆恨みが広がった。本来[[負け犬]]は放置されるのが原則であるが、この逆恨みを利用しようと企んだ機関があった。国家政府である。国の事業は税金で賄われており、少しでも多くの税金が[[ホ・ス・イ]]政府としては、金の持ってるやつから金を巻き上げたくてガマンできなかった。おっと、近代は国民一人一票の平等[[民主主義]]の時代、[[格差是正]]の美名を唱えれば不公平な課税も実施楽勝であった。こうしてド貧民の逆恨みを晴らすことと、政府の金銭欲、この両者の利害が一致して、累進課税が先進各国で導入、普及していった。
 
== 正当性のでっち上げ ==
46,607

回編集