「川端康成」の版間の差分

サイズ変更なし 、 2010年12月31日 (金) 22:16
(細部の編集)
 
===『眠れる美女』===
睡眠薬で眠らされた美女と同衾する新しい風俗の提案。最後に薬で死亡した娘について、店の案内人が「死んだって、かわりはいくらでもいる」旨を言い放つ非なラストが印象的。ちなみにこの猟奇性は『散りぬるを』で「自分はいつか女を殺す」との発言にもつながっている(畜妾に養成する予定で囲っていた女が殺害される短編)。
 
==自殺==
匿名利用者