「川端康成」の版間の差分

サイズ変更なし 、 2010年12月30日 (木) 11:13
編集の要約なし
死にいたる病床の祖父の冷徹な観察日記。まさしくサイコパスである。
 
===『伊豆の踊り子』===
混浴温泉で出会った、全裸で手を振る純真な少女をじっくりと視姦する。
 
睡眠薬で眠らされた美女と同衾する新しい風俗の提案。最後に薬で死亡した娘について、店の案内人が「死んだって、かわりはいくらでもいる」旨を言い放つ非常なラストが印象的。ちなみにこの猟奇性は『散りぬるを』で「自分はいつか女を殺す」との発言にもつながっている(畜妾に養成する予定で囲っていた女が殺害される短編)。
 
===自殺===
川端康成の死因はガス自殺とされてきた。しかし近年の研究では戦略自衛隊による暗殺説が持ち上がってきている。暗殺の理由としては精神的に無慈悲な神の境地に達した川端がサードインパクトを引き起こすこと「人類補姦計画」を目論んでいたためとされる。そのために川端はノーベル賞作家の美名の影で繰り返しリリスとの接触(売春)を繰り返していた。そもそもノーベル賞受賞そのものがゼーレの陰謀という説がある。
137

回編集