「長妻昭」の版間の差分

820 バイト追加 、 2009年11月11日 (水) 21:14
鳩山内閣では当初、長妻を行政刷新会議担当相に就任させる方向で調整が進んでいたのだが、長妻本人が年金関係のポストを熱望したため、長妻が厚生労働大臣に就任することになった。
 
初登庁で「これまでに溜まった垢や膿を出し切る」 「100年間の官僚の歴史があるから、改革は容易ではない」と従業員たちに喧嘩を売り、拍手や花束贈呈のセレモニーを省略された。戦々恐々とする職員を前に、民主党のマニフェストを掲げ「これは国民との契約書」などと訓示した。
 
しかし、すぐに就任前の威勢の良さはどこかにいってしまい、「私は年金しか分からないんです。いろいろ教えていただけませんか」と前任者である[[舛添要一]]に泣きついた。長妻を憐れんだ[[舛添要一]]は懇切丁寧な引継ぎを行ったばかりか、大臣室に局長らを集め「長妻氏をいじめるな。国民のために支えてあげてほしい」と要請、独自の人脈でつくっていたブレーン集団もそのまま引き継いだのだが、[[舛添要一]]の配慮も空しく、「政治主導」とか言ってしまった手前なんでも自分で抱え込んでしまうことになり疲労困憊している。[[藤井裕久|耄碌ジジイ]]に「ダメな大臣の名前を挙げよう。長妻だ」などと陰口を叩かれっぱなしである。かつての長妻であれば「財務省の意のままに動いているご老人には引退してもらいたい(キリッ」などと反駁していたであろう。最近では、従業員たちに、野党からの想定外の質問に「しっかりとメモを入れ、大臣をサポートすること!」という指示を出しているという。マニフェストに至っては財源無視の杜撰さが明らかになりつつあるので、「国民との契約」が履行されるかは雲行きが怪しい。
 
== 関連項目 ==
380

回編集