「ドクターペッパー」の版間の差分

1,287 バイト追加 、 2007年2月7日 (水) 12:31
編集の要約なし
==概要==
20種類以上のフルーツフレーバーと呼ばれる謎の物質をネイティブ・アメリカン独自の製法でブレンドした結果、常人では理解できない味が生まれた。現在でも[[中毒]]者を拡大させており、日本では薬事法違反のため流通ルートが限られている。主に[[秋葉原]]などでは取引が盛んで、合法ドラッグとして扱われることが多い。あまりの中毒性故に宗教団体を立ち上げる動きもありアメリカでは既にいくつかドクターペッパー中毒による集団自殺例が相次いでいるが気にすることではない。もっと飲んでいい。
 
==歴史==
[[コロンブス]]が発見される遥か昔にネイティブ・アメリカン達がフォースを習得できるように作られた秘薬であり、当時は炭酸の抜けた不味い[[ジュース]]とされた。ちなみに薬局では裏メニューとして販売されていただけで売上は芳しくなかったという伝説が今でも語り継がれている。ところがアメリカ大陸を発見しヨーロッパからの移民者の多くは[[VIPPER]]であり、あろうことか「ちょwwwドクターペッパーに炭酸入れてみたwww」
というスレッドが夜中に立ち、試しに飲んでみたVIPPER達は「うめえwwww」を連呼。これを期にアメリカを象徴する飲み物となった。歴代大統領もお気に入りのため法律で規制できず、冷戦の頃は核開発と同時に[[メントス]]の組み合わせで軍用兵器として開発された経緯がある。だが、実験中に試し飲みした研究員が多く(政府の見解によれば中毒者だったという)開発放棄してドクターペッパーを買いあさった結果予算が底を突き、反戦団体からもバッシングを受け兵器としての開発は中止となった。
 
==関連項目==
109

回編集