「時間」の版間の差分

1,227 バイト除去 、 2008年9月10日 (水) 01:50
編集の要約なし
{{翻訳}}
 
原文:[[:en:Time]]
 
{{ウィキペディア}}
{{Q|我々は時間を使い果たしています!!!!!|ジャック・バウアー|時間}}
{{語録 (オスカー)|私に、時間通りに血まみれの引用文を与える時間があると思います!?|時間}}
{{Q|気にした負けかなと思ってる|[[NEET|時間を使い果た気にます!!!!!|ジャック・バウアー人]]|時間}}
{{Q|誰が気にしますか?|私はそうではありません。|時間}}
'''時間'''は本当の[[ニヒリズム|真理]]ではない。
{{Q|[[ザ・ワールド]]!時よ止まれ!……………そして時は動き出す…|[[DIO]]|時間}}
 
'''時間'''とは、哀れな[[一般市民]]に規則正しく毎日同じことを繰り返させ、せっかくの一生を無駄に消費させるために、哲学者が勝手に決めた理不尽な物差しである。
'''時間'''とは、空間を定義づける存在。時間ごとに空間が存在する。
 
[[NEET|一部の正しい時間消費者]]たちは、[[時]]の存在を認めはするが、時間などという下らない理念に縛られることはない。
== 序文 ==
 
==歴史==
サルが二足歩行で生活しはじめて間もない頃、太陽を見たサルがあることに気づいた。
 
じーっと見ていても動かないはずの太陽が、いつのまにか移動していたのである。
 
太陽が山の裏へ隠れてしまったとき、なぜかサルは眠気におそわれた。次に気がついたきには、辺りが明るくなっていた。<br/>
ふと太陽が気になって空を見上げると、西の山に隠れたはずなのに、東の山のてっぺんにあったのである。<br/>
そして、こうしたことが何回も起こったのである。
「もうそろそろ寝なきゃ」
 
これが「時間」の誕生である。
== 理論その1 ==
そして、彼がイチゴの木の下に座っていたとき、時間が1803年の[[BT]]で[[トーマス・エディソン]]によって発明された、そして、彼の頭の上のりんご毛皮。砂がどこを先端から下部まで流れたかは、おかしいガラスものであった。
 
*60秒--60個のりんごが同時に落とされるとき、それが10メートル落ちるのにかかる時間。
 
*173秒の分--舞台に行く[[マイケル・ムーア]]と野次を飛ばされるときのオフな時間の違い。
 
*10何年もの--1年回10
 
*世紀--1年は1.236659874521625に-95213.3回のパイのパワーに世紀/を調節する。
 
== 理論その2==
時間は[[1802年]]に[[フィデル・カストロ]]によって発明された。(また、フィデル・カストロは、[[紫色]]を発明した)概念的な土台がフィデル・カストロで時間へ倒れたが、それは定刻に標準の仕事を書いた[[あなたのお母さん]]であった: ''時間?''(時間は気にかける)。
 
[[魔王]]は「実用的な時競争」を始めた、時間の用途を見つける最初の人のために100ドルをあげて[[1899年]]に。
 
ホイヘンスの前では、すべてが明らかに凍っていて、何も、動くことができなかったし、変化することができなかった。
 
残念ながら、動きが全くユークリッドのスペースでは、ない、したがって、しかしながら、彼の理論を証明することができて、この理論が「完全な」状態で[[オスカー・ワイルド]]によって言われた方法が全くない、そして、この頃は、それは今まで作られた中で最も許容できる容認できない理論である。この前に、毎年は[[-100]]であった、そして、それで、子猫は鳴った。
 
[[バレンタインデー]]を見てください。
 
私は[[法王]]の[[オスカー・ワイルド]]、[[アルバート・アインシュタイン]]、[[ヘンリー・ウィンクラーのキャリア]]、およびすべてを見た。
時間は大量殺人者である。
[[画像:8b03336r.jpg|thumb|right|彼の兄弟と共に右に静止している時間は残っています。]]
 
まさしく紫色という単語、オレンジ、つき、などおなたなどのように; 時間で韻を踏む単語が全くない。
積算士。
*ダニ
*NOT
*オスカー・ワイルド
 
==哲学による汚染==
「時間」の間手紙で[[水]]を作ることができると言われている。
人間が文明を築いたころ、時間は哲学者によって汚染されてしまった。
しかし、私たちは皆、[[お金]]が[[時間]]でないことを知っている。
休憩のの[[デービー・クロケット]]の有名な教授による後の分析は、時間の地位のこの例がまだチェックを外されるなら宇宙全体を破壊する激しい[[WTF発光]]を引き起こしているのを明らかにした。働いていないなら、あなたは、これを読みながら、ここにいるか?!これは、私たちが彼が言ったかもしれないことに関する引用文を作るのを防がない。1940年代までには、全国的に囚人は用語を採用した。
 
太陽が東から西に、西から東に移動する。これは万有引力の法則でも分かる明らかな'''物理学'''の分野であるが、可愛らしい「てつがくしゃ」の男の子は「'''そんな法則があるのは、『時間』なる概念が影響しているからではないか?'''」という個性的で素敵な思いつきを披露してみせた。ところが、これが思いのほか多くの人々に受け入れられてしまう。
また、時間はすばらしい宇宙の[[ハム]](また、[[宇宙]]として、知っている)のによって測定される。
 
この思いつきを真に受けた愚かな[[人間]]どもは、時間を細かく分けることにした。まず、カップヌードルにお湯を注いでから食べ始めるまでの時間を3等分し、それを'''1分'''(いっぷん)と決めた。さらに、それを60で割ったものを'''1秒'''とし、逆に60倍にしたものを'''1時間'''とした。そして1時間の24倍を'''1日'''(いちにち)と決め、1日の7倍は'''1週間'''と決めた。
扱うその時計において整然とする、ある種の動きを運動させなければならない、したがって、時間は逆ではなく、[[動き]]に依存している。これによる本当に、時間がする究極の証明が存在していないということである。
「失礼ですが、あなたはそれがどんな時間であるかを私に言ってくれますか?」の代わりにそれは数年前、遠い未来に起こった。
 
ここまでは良かったが、もっと長いものを決めようとしたとき、1日が偶然にも地球が1回転する時間と同じだったため、これにあやかって地球が太陽を一周する時間を'''1年'''と決め、小粋に洒落込んでみた。これは酷い失敗であった。他の時間単位はどれも「Aのx倍」「Bのx分の1」と計算できるものだったが、1年はそうはいかなかったのである。1年は365日と5時間48分46秒前後であり、1日単位で割ることができないのだ。仕方なく、1年は365日ということにして、4年に一度366日にし、100年に一度それをせず、400年に一度、それをしないのをしない、という苦肉の策をとった。このややこしいグレゴリオ暦とやらは現在広く使われているものである。しかし、1年と1週間の差が広すぎるので、中間にさらにもう一つ単位をつける事にした。それが'''1月'''(ひとつき)で、1年を無理に1日単位で12分割したもの。当然これも日数は一定せず、30日の月や31日の月がある他、2月は年によって28日だったり29日だったりする。{{smaller|(余談だが、こういった「月の日数」の問題がなぜ小学校の算数の授業に出るのだろうか?)}}
*12時間システム: 1日がほんの12時間で分割されるが、一日ごとに交替される2種類の日があり、それは暗い日と明るい日である。12h-日は同じくらい午前に午前1時0分/午後に始まる。午後の/はその時、変化する。研究は、彼らが2を12時間ベェイベするので12時間のシステムが日間、1だけより日24時間良いのを十分な時間の使用でないののその馬鹿に示した。
公式の実現はそれが時空(万物をチュロノナル相互作用にデジタル化する方法で情量子化スペース)の量子であるということである。この"Frenched"上メソッドを使用して、サイド距離は-1.61624*10(<sup>+35 </sup>)metrickマイルである。
 
このように時間の単位は無駄に細分化され、人間の行動をガチガチに縛り付けるものとなった。ややこしいグレゴリオ暦とやらにいたっては、年の終わりに「年越し」という奇妙な儀式を執り行わなければならないし、生まれてから365日経過したことをなぜか祝う「誕生日」という記念日もある。しばしば「10年前の今日~」などのように言われる事があるが、10年前は10年前であるし、今日は今日でしかなく、両者には何の関係もないので注意が必要である。
 
==NEETによる解放運動==
: 動きが全然なかったならば、クロックはできました。
だがそんな凶悪な「時間」にも終末の刻が近付いている。21世紀初頭、救世主が現れたのだ。彼らは賞賛と畏敬の念を込めて「NEET」と呼ばれ、時を悪に染めかねない「時間」を完全に忘れ去り、それによってこの世から消し去ることを勧める英雄たちである。
==運動がカストロによって興ったのではなかったならば何がおきえたか==
24時間は00:00分に始まり24:00分に終了する。厳密にいうと、24時間と1秒である。
 
彼らの活躍によって悪しき負の遺産である「時間」が一刻も早く滅亡することが期待されるものである。
しかしこの事実に気がつかない多くのものは80年で約8時間の時間を盗まれている。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者