「自由」の版間の差分

45 バイト追加 、 2008年6月3日 (火) 21:59
編集の要約なし
(ロボットによる 追加: da:Frihed, lt:Laisvė, pl:Wolność)
[[Image:US_no1.PNG|thumb|right|250px|自由の象徴]]
{{Q|[[ソビエト]][[ロシア]]では、自由死すとも板垣は死せず!!|[[ロシア的倒置法]]}}
 
'''自由'''(じゆう)とは、明治初期に[[福沢諭吉]]が英語のフリーダムに相当する単語として創作した日本語である。
このため、明治以前の日本人には自由というものは概念レベルから存在せず、[[天皇]]であろうと[[百姓]]であろうと皆[[奴隷]]だったとされる。
 
== 概要 ==
[[Image:US_no1.PNG|thumb|right|250px|自由の象徴]]
その由来は[[仏教]]の経典の一文である'''自由自在'''から来ている。大日如来こそがこの世で唯一、全てを思い通りにできる存在であると経文には書かれている部分から引用したのである。つまり、日本語における自由とは「自分こそがこの世で唯一絶対の存在で、この世の全てが自分の思い通りになる」ということである。
 
 
== 関連項目 ==
{{ウィキペディア}}
*[[信教の自由]]
*[[暴走の自由]]
*[[民主主義]]
*[[共産主義]]
{{スタブ (一般タイプ)}}
{{DEFAULTSORT:しゆう}}
[[Category:思想]]
[[Category:宗教]]
[[Category:言]]
[[Category:ガンダム]]