「自由」の版間の差分

12 バイト追加 、 2007年12月28日 (金) 20:32
編集の要約なし
(DEFAULTSORT,Category,ICU,体裁)
{{ICU|[[利用者:Sts|Sts]] 2007年12月28日 (土) 20:16 (JST)|sub=format}}
'''自由'''(じゆう)とは、明治初期に[[福沢諭吉]]が英語のフリーダムに相当する単語として創作した日本語である。
このため、明治以前の日本人には自由というものは概念レベルから存在しなかった。
 
その由来は[[仏教]]の経典の一文である'''自由自在'''から来ている。
大日如来こそがこの世で唯一、全てを思い通りにできる存在であると経文には書かれている部分から引用したのである。
つまり、日本語における自由とは「自分こそがこの世で唯一絶対の存在で、この世の全てが自分の思い通りになる」ということである。
しかし、現代の若者は福沢諭吉先生の教えを正しく理解しているようで、原義の意味での自由な人生を送っている。
 
後に、お金こそが人に真の自由を与えてくれる物であるという意味を込めて、[[福沢諭吉]]先生を最高額紙幣である一万円札にしたと言われている。
 
ガンダムシードにおいても俺様が正しくて一番強いという意味を込めてフリーダムガンダムが作られている。
263

回編集