「会社」の版間の差分

3 バイト追加 、 2007年12月6日 (木) 15:26
編集の要約なし
(+Template)
[[Image:Kare-youkan.jpg|thumb|会社]]
まず、我が日本国に生を受けた時点でこの会社国に入国する運命である。何故か。それは君のお父さんやお母さんがそうだったからだ。と言っても君は納得してくれないであろう。
 
簡単に言うと、我が[[日本]]国における全ての富は会社国から齎されるものなのだ。君が大人になったら分かると思うが、君のお父さんとお母さんは君が大人になった時点でこの国に入る手続きをとりにかかるから、覚悟しておいてほしい。
 
==日本との関係==
まず、日本国に一切の産業はない。お金を稼ぐためには、会社国に出向き、働かなければならない。
 
この国には世界の全ての産業という産業が揃っており、そこで自分にあった職業を探すことになる。職を見つけたら、一所懸命に働き、お金を稼ぎ、それを日本国に送金するのである。会社国で使用される通貨は日本円であり、日本国に送る場合は税金の類いは、一切かからない。つまり日本で経済に参加していくためには、どうしても会社国に行かねばならんのである。日本には産業がないのである。仕方ない。
 
==就職したら==
就職したら、君は立派な国民だ。先輩国民から立派な国民になるための講習や研修を受けることになるだろう。大抵の就職先では「タテ」と呼ばれる住人管理制度がしかれており、新しく入った国民は、既にいる国民に対して絶対に逆らってはならない。逆らおうものなら、たちまち強制送還だ。気をつけておいたほうがいい。また、国の方針を決定するために[[会議]]を開くことがあるかもしれない。そうなったら、自分から意見を言うことなく、押黙っていることだ。「会議なのにどうして発言しないんだ。」と不審に思う方も結構いらっしゃるとは思うがこれはどうにも仕方ないことである。この国のルールなのである。仕方ない。
 
一日の仕事が終わったら、先輩国民から飲みに誘われたり、「やらないか」と誘われたりすることがあるかもしれないが、絶対に断ってはならない。これを断るということは、この国において「人間やめました。」と言っているようなものである。絶対に言ってはならない。もしそのようなことをしたら、
{{検閲により削除/広い範囲で}}
15,659

回編集