「ドクターペッパー」の版間の差分

 
20種類以上のフルーツフレーバーと呼ばれる謎の物質をネイティブ・アメリカン独自の製法でブレンドした結果、常人では理解できない味が生まれた。現在でも[[中毒]]者を拡大させており、日本では薬事法により流通ルートが限られている。
 
主に[[秋葉原]]などで取引が盛んで、合法ドラッグとして扱われていることが多い。あまりの中毒性故に宗教団体を立ち上げる動きもありアメリカでは既にいくつかドクターペッパー中毒による集団自殺例が相次いでいるが[[誰も気にすることではしない|気にしない。]]もっと飲んでいい。むしろどんどん飲め。
 
ちなみに、ドクターロバートによって処方されたドクターペッパーを飲んで毒が頭に回った[[ポール・マッカートニー]]が、[[ビートルズ]]の覆面バンドとして、[[サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド]]を[[でっち上げ]]たことは余りにも有名である。
匿名利用者