「スタンド・バイ・ミー」の版間の差分

Ramen (トーク) による編集を えふ氏 による直前の版へ差し戻しました
(スティーブン・キング)
(Ramen (トーク) による編集を えふ氏 による直前の版へ差し戻しました)
タグ: 巻き戻し
 
== 風刺 ==
そんなどう贔屓目に見ても「[[愉快な仲間たち|あまり愉快ではない4人組]]」が線路沿いに徒歩旅行を続け、時々訪れた町で[[ナンパ]]してふられたり、焚火を囲んで語り合ったり、[[万引き]]した[[タバコ]]を回し喫(の)みしてみたり、どこから調達したのかちょっぴり[[酒]]を飲んでみたり、トランプに熱中したり、エッチな話で盛り上がってみたり……と、全編を通してそんなグダグダな[[思春期]]特有のエピソードが延々と引き延ばされ、結局のところ「宝は見つからなかったけど、まぁあれはあれで[[黒歴史|楽しい思い出]]だったよね」というオチで[[超展開|物語は締めくくられる]]。
 
もちろん、こんな映画が面白かろう筈もなく、[[全米が泣いた|全米が激怒した]]とも言われているが、これは当時大流行していた「ホームビデオ・ブーム」に対する{{tl|極端すぎる皮肉}}であり、誰もが撮影や演出に熱中しては親戚縁者や知人または同僚、挙げ句の果てには部下に[[パワハラ|無理矢理見せつけて]]まで「自分が、自分の家族が主人公となっている物語を、一人でも多くの人に見せたい」という[[自己顕示欲]]が咲き乱れていた風潮に一石を投じた意味において、高い評価を得ているのである。
*[[青春]]
*[[糸井重里]]
 
*[[スティーブン・キング]]  原作者
{{DEFAULTSORT:すたんと はい みい}}
[[Category:1980年代の映画]]