「MeToo」の版間の差分

268 バイト追加 、 2018年5月9日 (水) 15:22
編集の要約なし
(誰か がページ「Metoo」を「MeToo」に移動しました: ウィキペディア準拠)
{{Q|もうほっといてください。|[[被害者]]}}
{{ウィキペディア|MeToo|alt=#Metoo}}
'''#Metoo'''(私も)とは、インターネット上の体験談投稿雑誌である。もともとは[[セクハラ]]を問題視する意図で[[ハリウッド]]で創刊された雑誌だが、[[セクハラ]]という言葉の定義の曖昧さ、この手の投稿雑誌にありがちな[[嘘|話の誇張]]や、[[冤罪]]をも厭わないとの批判もある上、最近では編集者の対立などで編集方針が先鋭化しすぎた為か、一部では[[フェミニスト|鋭いご意見番]]の批判を浴びるようになった。
== 概要 ==
もともとこの[[雑誌]]は、[['''ハーヴェイ・ワインスタイン]]'''による[[セクハラ]]疑惑を受け、女優の[['''アリッサ・ミラノ]]'''が[[Twitter]]上で創刊、宣伝をしたとされる。創刊後、雑誌 #Metooの出版社宛に大量のメール、手紙が届き、最初は[[ウィキリークス]]のような告発サイト、雑誌となり得るか、と株主からも期待されていた。 #Metooは繁盛し、多くの人々が[[SNS]]上で当該雑誌のハッシュタグ『#Metoo』を付けて投稿した。だが……
== 日本版 ==
[[はあちゅう{{偽リンク|とあるフリーライター]]|はあちゅう}}がこの雑誌の存在を嗅ぎつけ、遂に日本版 #Metooが創刊されることになった。
日本での方針も、[[メール]]や手紙で意見を寄せ、それを雑誌に載せる形であるという。
創刊号はセクハラに苦しんでいる(但し、[[この人痴漢です!|たまに攻撃魔法の使い手もいる]])多くの人々に受け、初版で3万部売れる程の人気であった。
しかし、雑誌 #Metooは支持者からも批判が出ている事を鑑み、編集方針を見直す向きもあるという。
== 関連項目 ==
*[[セカンドレイプ]]
*[[セクハラ]]
*[[冤罪]]
*[[この人痴漢です!]]
*[[告発]]
*[[韓国挺身隊問題対策協議会]] - 1990年11月16日から声高らかに[[慰安婦]]達について声を荒らげてきた先駆者
 
{{DEFAULTSORT:みいとうう}}
[[Category:社会運動]]
[[Category:風刺]]
[[Category:社会問題]]
[[Category:時事ネタ/2017年]]
[[Category:社会問題セクハラ]]
[[Category:雑誌]]
匿名利用者