「川端康成」の版間の差分

4 バイト追加 、 2015年6月14日 (日) 13:40
[[混浴]][[温泉]]で出会った、全裸で手を振る純真な少女をじっくりと視姦する。最後の号泣シーンは議論と憶測と諸々の疑惑を呼んでいる。
 
===『[[雪国]]』===
[[田舎]]の温泉街で、家族を放置してきた男がふらふらする。[[芸者]]女の「あなた、私を笑ってるのね」という言葉は、川端という人間の本質を表している。残酷な人生観を持ちながらも冷笑的。愛する男(不治の病)の療養費のために芸者に実を落とした悲壮の女を「徒労であった」とあっさり断じる。高みから見下ろしている「[[憐憫]]」はあっても、太宰のような真摯な「[[同情]]」がない。ひたすら悟りの境地で観察する、まさに[[フリードリヒ・ニーチェ|ニーチェ]]的超人の視点である。畳の上で死んでいく虫の死に様を冷静に記述する様は猟奇的ですらある(まるで「人間など虫けらと同じだ」と暗に言っているようである)。