「時間」の版間の差分

4 バイト追加 、 2014年10月12日 (日) 12:33
(周波数トーク)による編集をでみ庵による直前の版へ差し戻しました)
じーっと見ていても動かないはずの太陽が、いつのまにか移動していたのである。
 
太陽が山の裏へ隠れてしまったとき、なぜかサルは[[眠気]]におそわれた。次に気がついたときには、辺りが明るくなっていた。<br/>
ふと太陽が気になって空を見上げると、西の山に隠れたはずなのに、東の山のてっぺんにあったのである。<br/>
そして、こうしたことが何回も起こったのである。
46,607

回編集