「長妻昭」の版間の差分

4 バイト追加 、 2014年9月14日 (日) 05:20
 
=== タクシー券の問題 ===
[[霞ヶ関]]や国の出先機関にはタクシー券が大量にストックされていて、職員が頻繁に使っていると言われている。その額は億をはるかに超え、政府支出を少なからず増大させている。これはまさしく無駄な出費であって、血税を納める国民を馬鹿にしている。長妻はここでも[[民意]]を代弁する。
 
ちなみに長妻はこのタクシー券の問題でも各府省に何度も何度も詳細な説明を求めている。普通は衆議院の委員会の前日正午までに質問趣意書を提出するのだが、長妻の場合は数百ページもの質問書を前日の深夜に各府省に投げるのである。そこから調査・資料整理・答弁作成にとりかかる大勢の職員は、当然のごとく未明まで帰れない。あるいはさらに人手が必要で、夜更けに急遽職員を呼び出すこともある。電車も走っていないその時間に……もうこれ以上言う必要はないであろう。長妻の質問に答えるためだけに使われたタクシー代は数千万円に上ると見積もられている。
46,607

回編集