「コンバット越前」の版間の差分

3 バイト除去 、 2014年2月4日 (火) 06:03
編集の要約なし
 
== 医学の道と戦いの道 ==
マルマラ軍の傭兵としての仕事を終え、帰国した越前は銃を置き戦いの道を離れた。その後彼は医学について学び、医師としての道を歩み始める。順調に医師としての実績を積み重ねていた。しかし遺跡での一見の10年後、彼はKOT症候群と呼ばれる奇病が[[ヨーロッパ]]で大流行している事を知り、医師としての興味、そして傭兵として培った感で彼は突如渡欧した。この際に彼は「突き動かされるものを感じた」と述べており、一種の運命的な力が働いていたようである。こうして彼は一度置いた銃を再び持ち、ヨーロッパの地へと旅立った。
 
== デスビスノスとの死闘 ==
9,404

回編集