「金子哲雄」の版間の差分

1,479 バイト追加 、 2013年3月5日 (火) 17:37
編集の要約なし
(ページの作成:「金子哲夫とは熱いテンション大らかな体を売りにする流通ジャーナリストのことである。 ==人物概要== ...」)
 
金子哲夫とは[[ウザい|熱いテンション]]と[[デブ|大らかな体]]を売りにする自称流通ジャーナリストのことである。
 
==人物概要==
彼は第二の[[森卓郎]]と言われ、将来有望な新人である。彼の特徴としてはその語り口調がまず第一に挙げられる。彼の口調は独特で一つ一つを捲くし立てるように熱く語りかける。たとえ周りがドン引きしようと捲くし立てているのである。また、彼は稀代の名役者であり、彼が死亡するときまで自身が話した人間を除いてすべての周囲の人間に病気の症状を悟られること無く逝った。このことから彼は流通ジャーナリストではなく役者を目指すべきではなかったのでは?と言う声があがっていたが彼の最大の特徴にして最高の武器である語りを本人がうまく使いこなしていたためコメンテーターとしての活動が最も似合っていたと言う結論に落ち着いた。が、[[天国]]の財政難、深刻な人員不足、流通ビジネスの悪化などなどの理由から神に御呼ばれしてしまい41歳と言うくしてさで病死してしまった。
 
==略歴==
*1971年4月30日[[千葉|東京もどき]]に生まれる。が、なぜか育ちは[[神奈川県]]神奈川市。姉と弟がいたが二人とも彼より先に病死してしまったため彼は猛働きすることになる。
*1994年[[慶応義塾大学]]卒業、そしてその年に現在は社会から[[無かったこと]]にされているジャパンエナジーに入社する。
*一年も経たないうちに退職、そしてコンサルタントなどとして活動を始める。
*悪名高き[[小沢一郎]]政治塾に入りより人脈を深める。
*2008年無謀にもテレビ出演。
*2009年[[京都産業大学]]大学院経済研究科を(35歳で)修了。
*2010年キャラがブレイクする。
*2012年10月2日41歳と言う若さではあるが姉や弟と同じように病死する。
 
==葬儀==
葬儀はほとんど彼の手によって行われたようなものであった。彼は死ぬ直前まで自身の葬儀の計画を推敲し、実際に葬儀は最高にうまくいったとされている。彼が納棺されるときはせめてもの予想外ということでメロンパンなどの食料品や妻との大切な写真などが投げ入れられた。
 
==今後の予定==
地上ではあまりぱっとしなかった彼だが天国ではその口調などを武器として大衆をうまく先導し天国の[[デフレーション|デフレ]]を脱却させる見通し。またマルクスなどの著名な経済評論家などと手を組み大会社を立ち上げ天国一の流通卸売り業者を立ち上げて天国の流通ビジネスを活性化させるそうだ。また、天国でもコメンテーターとしての活動を続け、大衆に愛されるキャラを確立していく模様。どうかアクティブに活動していってくださいとしか言いようが無い
 
==関連項目==
*[[病死]]
*[[流通ジャーナリスト]]
*[[金]]
*[[肺カルチノイド]]
*[[慶應義塾大学]]
*[[病死天国]]
 
{{執筆コンテスト出品|23}}
{{スタブ}}
484

回編集