Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「性奴隷」の記事を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「性的奴隷」の項目を執筆しています。

性奴隷(せいどれい)とは、サブカルチャー作品によく見られる架空の職業。

概要編集

性奴隷はよく娼婦や男娼と混同されるが、それとは異なり一方的に性的奉仕を行う隷属職…謂わば生きたオナホール或いはディルドとなる。実際には「丸腰で密室に籠る」という都合から性的奉仕の際には十分な給金や安全な待遇を保証する[1]のが普通であり、奴隷階級に身体を預けるのは一般的ではなかった[2]。逆に奉仕を行う側の方が高い立場になることも多く、例えば江戸時代の高級花魁は諸国大名に匹敵する格式と権力を持っていたとされる[要出典]

しかしフィクションの世界では、「法律関係の整備がなされていない」「社会全体が未成熟」という理由から奴隷による性奉仕が盛んに描かれている。これは物語の都合上、奴隷は奴隷一般人は一般人と明確に区別されている方が書き分けやすいというのが大きい。また「虐げられる奴隷を解放する主人公」という図式化が、ヒロイックストーリーの定番として扱いやすいというのもある[3]。国家運営の初期段階においてだけは共産主義社会主義が重宝されたようなもので、一応は成熟したと見なされている現代文明社会にとって性奴隷はあくまで「架空の職業」である。

下級職としての性奴隷編集

 
サキュバスの強制転職技で性奴隷になってしまった勇者。

特にゲームのなかにおいて、性奴隷は通常職より下のペナルティ的な下級職として設定されている事がある。これはレベルドレインやスキル剥奪などにより開始時点よりも能力が大きく下がってしまい、通常職としてのパラメータ下限を割ってしまった場合に就く臨時措置となっているものが主流である。戦闘能力は無くなる為戦闘メンバーからは強制的に外され、性奉仕により一定以上経験値を稼いで通常職へと再転職するまでは殆どのクエストに参加できなくなってしまう。

基本的に一般職から転職して性奴隷になる事は無いが、性奴隷を長期間続けると「通常では経験できないタイプで研鑽を積んだ」として「賢者」やその類型となる上級知能職への飛び級転職が認められるシステムが様々な作品で採用されている。特に『ドラゴンクエストIII』が有名だが、この作品ではゲームバランスや育成システムの都合で性奴隷にもある程度までの戦闘力が持たされている[4]

脚注編集

  1. ^ そうすればちょっちやそっとで寝首を掻こうとしたりはしない。裁判官や弁護士が高収入なのと同じである。
  2. ^ 古代ローマ帝国時代には奴隷階級による性的奉仕機関もあったが、寝室内での謀略や暗殺が横行したことにより、中期以降では娼館や女衒に対し身元調査と待遇の保証が徹底されるようになった。
  3. ^ この場合、奴隷を使う側はオークやゴブリンなど人外にされるケースが殆ど。
  4. ^ また名前も「せいどれい」ではなく「あそびにん」。これは同じ文字を並べるとフォントの都合もあって、FCのスペックでは表示が崩れる為。

関連項目編集


  性奴隷いじられると …く…なるぅ… うぁぁ..
んあっ!! んあおっ!! もっ....とぉ、いっいじてぇっ!!
ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!! (Portal:スタブ)