中学校(ちゅうがっこう)とは、義務教育を行う施設。主に3年間存在し、小学校の上・高校の下という学力上、立場上途半端な学校である。また、高校受験や成長期思春期最盛期ということもあり色々と複雑な時期であるため生徒ストレス症状や鬱症状等の事例は絶えない。

概要編集

中学校の名称は、「小学校より高レベルだか、まあ大したこととは思えないことを、多く教える」という意味で付けられた。具体的には英語地理歴史社会)、理科など。

生徒問わず様々な精神疾患を患いやすく、人によってはここに入る前の小学5年~6年辺りで発症する者もいるが、その症状がここに入ると悪化していく傾向があることも、判明している。このことは、学校という閉鎖社会の存在理由がいかに科学的で倫理的な言語表現により正当化されていようと、この社会に特有の、強制、規則、言葉の暴力いじめなどの教師や生徒たちの関係が非常に奇妙なものであり、緊張であり、殆ど戦いと攻撃性の関係であることを示している。

また中学3年では、初めて「夏休み」の意義が「全く無くなる」という経験をする者が多い(部活動などをしているものは除く)。こうして現実を知っていくことで、社会人になると夏休みは1週間足らずになるのだということを、体に染み付かせていくのである。

中学校とは「自由奔放に遊びまくった小学校」と「青春真っ盛りの高校」とのつなぎであるとの説もある。また、そのつなぎ目が義務であることから高校に生かせて授業料を巻き上げるための施設でもある。

実態編集

中学校では、「出る杭は打たれる」「長いものには巻かれろ」などの言葉で形容されやすくなる人物を育て、それを優秀な人物として教師と呼ばれる人達が教育し評価している。それは多数派や既存の価値基準に盲従することが暗黙の掟となっている日本からきている。

発症する病気編集

中学校で生徒が発症する病気で最も代表的なのは、中二病統合失調症である。思春期少年少女思想や社会性の面でまだ未発達な状況にあるため重篤化しやすく、そして末期になると厨房気違いニートに進化するなど時に危険な状況に陥りやすい。この事象は、ゆとり教育や過剰な人権意識など、現代の日本社会の過保護でヒステリックな風潮に人々、特に子供たちがスポイルされて自我が衰弱した結果のひとつであり、日本社会の行き詰まりを象徴している。

中学生であるあなたへ編集

ザ・思春期であるため、最も性欲が強くなる傾向があり生徒の欲求不満からのストレス症状は絶えない。また、死ぬほど好きな人ができ失恋した時の辛さは人生最大の挫折でもある。さらに、受験や進路といった壁にぶつかるかもしれない。その他、経済状況・家庭・健康・人間関係などからなる複雑な鬱症状を発症しやすく色々と大変な時期である。もしあなたがまさにそうならば、聞いてほしい。それが全てじゃない。あなたよりも辛い思いをしている人は世界中にはたくさんいる。家がない人だって、食料がない人だって、余命わずかな人だって、、などなど。それに比べればいかに自分が恵まれているか。いかに自分が幸せか。今こうやって、ネット環境を抱えこの記事を読んでいること。義務教育を受けられること。それはあなたがもつ大きな幸せであり、これらはそれを前提に成立される悩みであるということ。中学生で抱く様々な思春期的、家庭的、学業的、人情関係的な悩みは人生の大きな坂道として良い経験なのであり、今まで数えきれない人が経験してきた。視野を広げ前向きに生きるのは正しい選択であり、単なるきれいごとに見えるかもしれないが全て大事な過程の一部に過ぎないということに変わりはない。この平和で安全な国・環境【場】、人間という生物にこの世に無事生まれてきたこと【種】、戦争もなく医療技術や情報・科学技術も進歩してきた今最も平和で平等で安全で幸せなこの時代に存在できたこと【時】、この3つの奇跡的な条件を抱えたあなたは上位1パーセントにも満たない幸せ者である。少しでもあなたが前を向いてくれればそれでいい。最後まで読んでくれてありがとう。どんなに辛く不幸せで苦しくても、あなたはもう既に幸せである。それが全てじゃないから。

著名な中学校編集

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中学校」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「中学校」の項目を執筆しています。
この項目「中学校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)