バブル経済

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

バブル経済(ばぶるけいざい)とは経済学の用語である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バブル経済」の項目を執筆しています。

概要編集

時は平成初期、政府自由民主党バブル景気崩壊への対処に失敗し、世界中から批判を浴びただけでなく選挙でも敗北し窮地に立たされていた。そこで政権側は責任転嫁のため、「バブル景気はどこのでも起きうることだ」という詭弁を使った。こうして御用学者たち等によって「バブル経済」という用語が誕生し、ついには経済学部でも教えられるようになった。専門家たちもこの斬新な発想を高く評価したものの、責任を回避するために作り出された概念は様々な方面から大いに反感を買ったためノーベル経済学賞の受賞を逃してしまった。

具体例編集

海外編集

中国経済
労働者も原資も原材料もどこからともなく湧いてくる胡散臭さを揶揄したものであり、反中の右翼や国産品を扱う業者たちが中国産に対抗するため提唱した。しかし最近はこの方式をマネする国が後を絶たなくなり、多方面の外交に影響を及ぼすことから表立って話題にされることが少なくなっている。
韓国経済
韓国では日本との関係が悪くなると反日運動が泡のように増えるだけでなく、日本製品のボイコットも発生して韓国製品バブルが勃発する。なおデモを拡散するのに使われたカメラスマートフォンが日本製であることが発覚するとバブルが破裂しやすくなるという特長もある。
また韓国には「大統領バブル」も存在する。これは「大統領の退任間際になると週刊誌が飛ぶように売れてニュースの視聴率も上がる」というものである。どうしてこうなるかはお察し下さい
昨今のオーストラリア経済
シーシェパードのお陰でが増えすぎてそこかしこに潮が噴かれるさまを例えたものである。しかし最近は近隣諸国の遠洋漁業が盛んになり、水産資源の争奪戦が繰り広げられているため、鯨よりも漁船の方が増えているようだ。

国内編集

酒造業界編集

ソビエト連邦の崩壊後、ロシアなど旧ソ連圏との貿易が盛んになり、ウォッカテキーラをはじめとした外国産アルコール飲料の流通量が増えたため、一杯飲んだだけで泡を吹いて倒れる若者が続出するようになった。これに目を付けたの日本の学生街であり、居酒屋のみならず民間救急や清掃業者など関連する業者が泡のように増えたことで場所によっては地方創生に大成功した。新型コロナウイルスに伴うStay Home以降は不調だが、酒造業界や各種居酒屋はUber Eatsを活用するだけでなくアルコール消毒液の生産に切り替えることで危機からの脱却を図っている。

芸能界編集

芸能界には「相方バブル」という概念が確立されている。これは「コンビのどちらかが自粛すると相方の仕事が泡のように増える」ことを指す用語である。

2020年の芸能界では、「渡部バブル」が席捲した。これは渡部が週刊文春の餌食になって以来、相方の仕事が急増したことを表している。テレビ出演本数が増えただけでなく、ヨガ本を出版するなど、その勢いはとどまるところを知らない状況である。しかし相方が「好きなことを次々と仕事にしている」という状況は渡部と一緒ではないかという疑問が湧いているため、相方はバブルを満喫しつつ二番煎じにならないよう努力する方針である。

そして渡部バブルは芸能界のみならず、トイレ業界にも波及している。渡部の影響もあってか、公立学校等に多目的トイレの設置を義務付けるバリアフリー法改正案が参議院で可決・成立したため、業界関係者たちとバリアフリー推進派は渡部に頭が上がらない状況である。

世界共通編集

オンライン編集

Web 2.0を使ったバブルはWeb 2.0バブルと呼ばれている。これは「利用者が増えれば増えるほど、提供される情報の量が増え、サービスの質が高まる」というハブル経済である。しかしドナルド・トランプ大統領が「フェイクニュースが増えたら逆にサービスの質が落ちるのではないか」という真っ当な反論をしたため、この概念に対しては懐疑的な見方が強まっている。大統領の意見は共和党支持者たちなどから高く評価されており、ノーベル平和賞は受賞できなくても経済学賞なら狙えるのではないかとも噂され始めている。

一方、日本国内ではWeb 2.0バブル以降から「外出しなくてもインターネットさえあれば外の情報を入手できる」という考え方が泡のように広まり、不登校ひきこもりが泡のように増えただけでなく、日本ひきこもり協会をはじめとした関連業者が急増している。

コロナ禍編集

詳細は「コロナ禍」を参照

Go To キャンペーンおよび ウィズコロナ」も参照。

新型コロナウイルスによる感染者数と死者数が泡のように増えた結果、全世界でいろんなバブルが同時多発的に発生している。

事象 発生したバブル
感染者数が泡のように増加 マスクワクチンなどが泡のように増えて医療機器業界バブル
死者数が泡のように増加 葬儀屋バブル
倒産件数が泡のように増加 弁護士バブル
オンラインイベントが泡のように増加 ZoomSNSバブル