Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴリラ」の項目を執筆しています。

ゴリラとは、コンゴ民主共和国の先住民である。人口は推定10万人程度と推測されている。正式な名称はゴリラ・ゴリラ。

ゴリラの生態編集

男性は170-180センチメートル体重150-180キログラム、女性は150-160センチメートル体重80-100キログラム。と人間の中でもかなりの大柄である。 彼らは黒色人種(ニグロイド)に分類される 他の黒人と比べるとかなり毛深く、毛衣は黒や暗灰褐色。 食性は植物を食べる傾向が強く果物などを食べるが、昆虫も食べる雑食性である。 そして彼らはバナナを栽培して食べる。農業をする動物はハキリアリのみで、猿には存在しない。これが彼らが人間であるという証拠である。

他の人種との遭遇編集

ゴリラという言葉は、西アフリカの海岸を探検した紀元前6世紀のカルタゴの航海者ハンノの歴史に由来する。 約2500年前、航海者ハンノはヨーロッパで初めてゴリラの部族を見た。 彼はアフリカを探検するために派遣され、変わった習慣を持つ奇妙な部族に遭遇することに慣れていました。 ハンオはゴリラの集団が住む島を見つけたとき、彼らは奇妙な人々だと思った。 「私は毛むくじゃらで野蛮な人々に会った。彼らのほとんどは女性であり、彼らの体は奇妙に毛深い。通訳は彼らをゴリラと呼んだ」と彼は記録している。 ハンノはゴリラに自己紹介しようとしたが、ゴリラ語が理解できずにコミュニケーションが取れず、逆にゴリラたちは石を投げて脅し、逃げようとした。 彼は3人のゴリラを捕まえ、カルタゴに連れ戻すよう説得しようとしたが、何も言うことを拒否した。 ゴリラはとても激しく振る舞ったので、彼らは彼らを殺さざるを得なかった。 しかしその後、「私は皮はがしてカルタゴに戻した」と言った。

他の例は、1846年2人のアメリカ人宣教師によってゴリラが発見された。 「ひどく暴力的で異常な習慣を持つ猿のような動物」としてゴリラを猿扱いしたのだ。 そのレポートと一緒に解剖学者に送られた頭蓋骨は、ゴリラを初めて単一の種として説明している。 ゴリラのイメージとして「その黒い顔はひどく歪んだ性格を表しており、全体的な印象は共謀なモンスターだった。」という言葉を残した。 この発見に触発されて、探検家ポールも1861年に旅行した。 「悪夢の中に現れる地獄の絵の中の半人半獣の恐ろしい生き物」 と記し、「私は怒って胸を打ち、恐ろしい悲鳴を上げようとした」 彼もまたハンノのようにゴリラを殺害した。おそらく彼もゴリラを猿扱いしたのだろう。

この発見に触発されて、探検家ポールも1861年に旅行した。 「悪夢の中に現れる地獄の絵の中の半人半獣の恐ろしい生き物」 と記し、「私は怒って胸を打ち、恐ろしい悲鳴を上げようとした」 彼もまたハンノのようにゴリラを殺害した。おそらく彼もゴリラを猿扱いしたのだろう。

暴力的で残忍なオスのゴリラを撃つことはハンターの誇りであり、ゴリラ狩りの歴史が始まる。 凶暴で手に負えないモンスター(両親を亡くしたゴリラ)は眼鏡として目的地に運ばれるが、90%以上が途中で死んでいる。

ゴリラと猿の違い編集

発見以来、凶暴な猿の仲間と誤解されてきたが、発情時を除いて、実は穏やかで繊細な人間の部族だったという報告がなされている。 海外でゴリラを猿扱いして差別してきた動物園で、小さな子供が誤ってゴリラの檻に落ちた場合、女性のゴリラは気絶した子供を抱きかかえ、他の男性のゴリラを遠ざけるために飼育員に引き渡したらしい。猿にこのようなことができるだろうか。

ゴリラは人間なので、女性にはチンパンジーのメスに見られるような性的な皮膚の腫れがない。彼女らが発情状態にあるかは不明である。 敵を威嚇するとき、彼は両足で立ち、両手(拳ではなく)で胸を打ち、ドラミングと呼ばれる高音を出す行動をとる。 ゴリラは人間なので、女性にはチンパンジーのメスに見られるような性的な皮膚の腫れがない。彼らが発情状態にあるかは不明である。 ドラミングに加えて、「枝を拾って振り回す」という脅迫的な行動も確認されている。 小学生のように思われるかもないが、ゴリラの土地には道具として扱える動物が他にいないため、野生動物ではなく人間であるという証拠である。

また、「ゴリラ語」と呼ばれる音声コミュニケーションを通じて、ゴリラの友達とコミュニケーションを図っている。この言語は白人やアジア人どころか他の黒人にもかなり難しい高度で複雑な言語とされる。 さらに、美味しそうなご飯の前のゴリラがハミングのような歌を発していることが確認されたようだ。 今では他の人種と話すときは手話を用いる。実は手話を作ったのはゴリラである。

今でも差別されるゴリラ編集

彼らは決して猿ではないが、他の部族と比べると異様なまでに毛むくじゃらであり、今でも「猿にしか見えない」などと差別されている。 同じ黒人でもゴリラと間違われるのは腹立たしいなどという人もいる。 Google フォトのAIによりゴリラと誤認されてしまった黒人が記憶に新しいが、他の黒人にとってゴリラ属は軽蔑の対象なのだ。

関連項目編集

これらの記事で説明されているのは人間である。彼らは猿ではない。

この項目「ゴリラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)