ギリシャ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギリシャ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ギリシャ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ギリシャ」の記事を執筆しています。
「ギリシャか? イスタンブールはいい街だった。」
ギリシャ について、ドナルド・トランプ

ギリシャ(英:Greece)(希:Ελλάδα)はバルカン半島の南端からエーゲ海に渡って存在するドイツの傀儡国家である。一応首都はアテネにあるはずだが、新たなギリシャを建国する目的で統治者を決めるバトルロワイアルの開催国でもある。

概要編集

バルカン半島の末端にあるこの国はギリシャ人の国であってドイツの傀儡であるという特殊な国である。主要産業は国内の芸術業やオリンピックの呼称料であり、古代のギリシャを夢見る歴史オタクの国ともいえる。現在バトルロワイヤルを開催している上に現在無数の挑戦国があるが、それらの諸侯はギリシャ共和国の一部となっており、全ての国を屈服させればその国が次期ギリシャになる。よってバトルロワイアルはあろうがギリシャは一つであり、観光客を察知すればバトルを中断して道を譲ってくれるので、ペロポネソス半島を除き安全に旅行できる。ただペロポネソス半島はスパルタを名乗る無数の諸侯があり、バトルに巻き込まれたり、無理やり兵隊にされたりする可能性はあるため、渡航は非常に危険である。またギリシャは資本主義でも社会主義でもなく芸術至上主義の国であり、舗装された道なら30メートルごとに銅像や彫刻を設けることが許されている国でもある。

産業及び経済編集

この国の主要素は芸術である。ギリシャは公務員の雇用がどうこうで現在もめているが、その公務員の半数は美術館や博物館などに携わっており、もう半数はバトルロワイアルの民兵という有様である。なんといってもギリシャ人は芸術に目がないため、これらの巨大な事業も全て国民が消費しているほど。また産業はほとんど地産地消であり、輸出入はほとんどない。また南部スパルタの主要産業は軍隊とその体験や見学、アテネは観光業であり、地域ごとの独自の産業に差がある。ただ経済においては米独中の影響が強く、いまだにどの陣営にもはっきり属していないことから非常に不安定な経済である。2004年では、サッカーでEURO優勝しただけで、バトルロワイアルが中断されてお祭り騒ぎになり、ギリシャ経済が1ヶ月に渡ってバブル状態になったこともあった。

文化編集

前述の通りギリシャは芸術至上主義であり、義務教育の主要は芸術と最低限の読み書きで構成されている。その過程で芸術に精通できなかったり下手だったりすれば、サッカーなどのスポーツに打ち込む道が多い。ともかくギリシャの主要素は芸術なのだ。また主産業でもある文化的施設の数は世界一である。さらに遺跡や観光地などの芸術に囲まれた場所で過ごす人も多く、教科書dに載っているパルテノン神殿以外は殆どは私有地か国民のために解放された国有地である。そこでは芸術の集いがあったり、町民全体でウノ大会が催されたりすることが多い。

バトルロワイアル編集

ギリシャが歴史の表舞台に出て栄華を誇ったのは古代(紀元前)であり、ギリシャ人がギリシャの誇らしき部分を語るときも基本的にその古代である。また紀元前と比べ現在ではなんとも言えないパッとしない存在にまで没落した祖国を見て、古代のように世界の中心でありたいという思惑は多くのギリシャ人が持っている。その国民感情は1970年代から再燃し、70年代半ばにペロポネソス半島に古代ギリシャの再建設を望む有志や歴史オタクが集まりスパルタを名乗って、現代のスパルタに最も相応しい諸侯を決めることになった。このことに政府は初めは戸惑ったものの、これを政府は次第に追認する姿勢をとり出し、1980年代初頭にはギリシャ政府がバトルロワイヤル開催宣言をしたことでバトルロワイアルが正式的に始まった。また現代アテネなどを筆頭に都市国家バトルロワイアルや、南部のみではあるが古代マケドニアの復活を決めるロワイアルなど様々な形式に派生していった。現在はスパルタがペロポネソス諸島、アテネが中心部、マケドニア帝国テッサロニキ含む北部を支配し、これらの国が大半を占めている状態にある。  

国際的な立場編集

ギリシャが一番憎んでいる相手はトルコであり、ギリシャとトルコは自他共に認める犬猿の仲といえる。歴史的にもやり合っており、両国の溝は非常に深い。トルコもロシア先輩を連れてギリシャを揶揄ったりするものだが、対してギリシャはセルビアハンガリーを連れてトルコをおちょくっている。またギリシャはバルカン半島に位置しており、数十年前のバルカン大喧嘩では特に何もいうことなくよそ見をしていたが、今となってはセルビアと仲が良く、セルビアの絶縁相手であるクロアチアとも曖昧ながらうまくやっているといえる。この喧嘩においてはギリシャは近いくせにうざったいヤツであるが、第三者なので許されている。またドイツの傀儡なのでEUに所属はしているが、正味どの国にも気にされる存在ではなく、ハンガリーとともに浮いた存在として、中国とべったりくっついている。これについてはアメリカもダンマリであり、大統領すら地図を探してもギリシャを見つけられないらしい。

関連項目編集