アバター

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「アバター (映画)」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

アバターとは、シネマサイズ3D映像コンテンツの可能性を示すために作成されたデモムービーである。

概要編集

1990年代後半以降、世界的に映画業界は弱体化の一途を辿っていた。大型テレビや高精細デジタルモニターの一般化により、映画館に行って大スクリーンで映像を楽しむと言う文化自体が過去のものとなっていったこと、またDVDメディアの普及により古い映像コンテンツが安価で入手できるようになった[1]こともあって映像文化は家庭向けの娯楽となっていったのである。そんな中で映画配給会社は「映画館でなければ出来ない表現」を求めて躍起になっていった。そこで注目されたのが、1980年代に一時流行した[2]ものの廃れてしまっていた「3D映像」というジャンルだった。画像が飛び出して見えるこの表現は、画面サイズが大きければ大きいほど立体感が強くなり迫力が増すという効果があり、映画用の大型スクリーンとの相性が非常にいいのである。そこで各映画製作会社はこぞって3Dコンテンツに取りかかったのだが、一時期廃れていた事もあってその技術は発展途上にあった。

そこで『タイタニック』で世界最大の興業収入を上げたジェームス・キャメロンがメガホンを取り、「今持ちうる最高の技術を使い、最も優れた映像美を産み出す」というコンセプトで徹底的に映像の美麗さを追求するデモムービー『アバター』が作成される事となった。シナリオや設定は度外視し、映像としての完成度を極限まで高める事で技術力の天井を見せようとしたのである。カラー時代の黒沢映画を思わせる[3]その思想は賛否を読んだものの、結果的にはデモムービーの枠を越え世界的な大ヒットとなっていった。

内容と評価編集

上記の通りシナリオにはあまり注力しておらず、西部劇SF風にアレンジしたような素朴な内容となっている。後期の西部劇では「白人が本当に正しいのか」「原住民にも正義がある」と人種偏見への配慮が見られたが、それを異星人との間で行うのである。当初は「未知のエネルギー採掘を邪魔する、野蛮な異星人」を討伐する為戦おうとした主人公だが、自然を愛する異星人の穏やかな価値観に心服すると共に若い娘に夢中になり、地球側に反旗を翻し異星人の下で戦う決意をする。そして最終的には、正式に部族の一員として認められて話は終了する。

基本的にも応用的にも西部劇そのものであるが、技術の粋を集めた徹底的な映像美は凄まじい[要出典]。それを3Dとして大型スクリーンに写すのだから、その迫力は人々を魅了して余り有った。その為映画雑誌などの評論では映像美を褒め称える意見が殆どで、シナリオには触れないのが常だった。3D映像の極限に挑んだ作品として映画業界にその名を馳せたアバターは、2022年の『アバター2』を皮切りに2028年まで一年おきに続編が公開される予定となっている。

脚注編集

  1. ^ コストの安いDVDの採用で価格はどんどん下がり、最終的には映画一本辺り1000円を切る安値で購入可能になっていく。
  2. ^ 日本では『ドラえもん のび太の鉄人兵団』と同時に上映されたオバQの短編が、劇場公開された最初の3D映画である。
  3. ^ 粋人として知られる山形鐘一朗氏も「内容なんかどうでも、息を呑むような映像美があればそれで良いじゃないか」とその映像のみを絶賛している。

関連項目編集


この項目「アバター (映画)」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)