アゼルバイジャン

「一つの国と二つの州!」
アゼルバイジャン について、エルドアン大統領
「どこかは知らんがバルカン半島であったことは確かだ」
アゼルバイジャン について、ドナルド・トランプ

アゼルバイジャン(阿: Azərbaycan、英:Azerbaijan、土:Azerbaycan)はコーカサス南部に位置するトルコの自治州。トルコ中央政府とは別に自治政府が設けられている。主な宗教はヘイダル教で、首都はバクー油田。

概要編集

中東のコーカサスという地域は多数の国と宗教が混じる地域であるが、その中でもトルコの影響力は凄まじいものである。トルコ本土は黒海に面しているが、アゼルバイジャンは地中海に面していることで、トルコの威厳拡大に一役買っており、それがトルコがアゼルバイジャン地域を手放さない理由の一つである。また宗教においてもトルコと同じ建国者崇拝であり、ムスタファケマルアタテュルクヘイダルアリエフは共に称えられることがほとんどである。政治体制はアリエフ家が大統領を40年近く勤めており、教祖ヘイダルの息子(=神の子)であるから、息子も思うがままに政治ができるしアルメニアとも喧嘩できる。

宗教編集

表向きの宗教は世俗的イスラム教であるが、実際は前述の通りヘイダル教である。ヘイダルアリエフは前大統領であり、30年近くアゼルバイジャンを率いて独立や経済成長を果たしたことから個人崇拝に対象となり、現大統領の神の子が就任したことで確立したのがヘイダル教である。一応山奥にも異教徒が潜伏しているが、オイルマネーをもたらしているため、現状は関係良好である。ただアルメニアとの問題で山奥の異教徒以外にキリスト教を禁止しており、江戸時代の日本に倣って踏み絵をさせている。

アルメニアとの関係編集

日韓関係がどうのこうのとコメンテーターが騒いでいるが、それとは比にならぬほどアルメニアとは仲が悪い。またアルメニアは世界的にも孤立した国家であり、かろうじてジョージアとは関係を保っているが、トルコとアゼルバイジャン自治州に挟まれて常時情緒不安定である。また歴史的にも紛争を繰り返しており、その総数は公式だけでも81回にのぼる。ただアゼルバイジャンにはトルコがついているため、ほとんど負けるのはアルメニアである。挟み撃ちにできるというのが対アルメニア戦略の強みであり、ジョージアイランも親友でもないアルメニアを助けないため、アルメニアは米帝やブリカスなどに助けを求めるのがいつもの流れである。

国際的な立場編集

国際的にもトルコの犬として認められており、アゼルバイジャン自身も国旗のイスラムマークで忠誠心を表している。また近年はトルコとアメリカの関係が悪化していると同時に、神の子金髪爺が電話会談で口喧嘩していることが確認されている。このケースから解るように、アゼルバイジャンはトルコの完全な一部であるため、トルコが嫌う国は必然的に嫌っている。なのでギリシャとは国交を断絶しており、アルメニアとは常時紛争状態である。またロシア中国とは経済面で親交が深まっているものの、トルコはロシアの長年のライバルであり、根本的には睨み合っている。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アゼルバイジャン」の項目を執筆しています。
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「アゼルバイジャン」の項目を執筆しています。