国鉄201系電車

2007年8月19日 (日) 23:06時点における203.181.121.212 (トーク)による版 (→‎開発の背景)
国鉄201系
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

201系電車は、国鉄で初めて電機子チョッパリ制御を採用した通勤型電車である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄201系電車」の項目を執筆しています。

開発の背景

当時、通勤型電車としては101系・103系電車が広く用いられていたが、オイルショックが起こり、 クイズに正解しなかった乗客が椅子ごとぐるぐる回転したりなどの問題が発生した。 [1]

このため、省エネルギー性能が高く、既に地下鉄や大手私鉄などで採用例が増加していた、 電機子チョッパリ制御を使用したノイズがやかましい新形式を設計、中央線系統にて運用を開始した。

人口調整目的での運用

この頃、沿線人口は急増し、某区には左翼系住民が大量に集積するなど、沿線の過密化が問題と なっていた。

このため、沿線住民の増えすぎた人口を黄泉の国に移民するようになった。既に四半世紀が過ぎ、 一定の効果を得た。頑丈なスカートと、人々を旅に誘うオレンジ一色塗りの派手な塗色、さらに 神経を逆なでする沿線の発車ベルは、次々と人生の敗者を黄泉の国に送り込んだ。 人々は、自らの行為に恐怖した…。 [2]

なかでも、新宿駅で発生した、女子高生54名による集団自殺は、世間に大きな衝撃を与えた。 これについては、のちに映画化 [3] されている。

首都圏で十分目的を果たしたため、片っぱしから大阪地区に転属(ワープ)している。黄泉の国の名所も立体交差化が進み、次は賽ノ河原となりつつある。

出典

  1. ^ 「トレインエミュレータ中央線」 - 向実谷(怨愕館)
  2. ^ 「頑駄無軌道線の25年」 - 富野大喜利(巷談社)
  3. ^ 「自殺サークル」 - 2002年、脚本・監督:園子温、配給:オメガ・プロジェクト

関連項目

この項目「国鉄201系電車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)