ドクターペッパー

2008年5月1日 (木) 19:51時点におけるAsakaze (トーク | 投稿記録)による版
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドクターペッパー」の項目を執筆しています。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ドクターペッパー(英:Dr. Pepper)は、北アメリカで開発されたに捧げる飲み物である。マイノリティな扱いながらも常習者が多い。

科学者、ペッパーランチ(Pepper Lunch、生没日不詳)によって編み出されたことが伝承として残っているが、ネイティブアメリカンが文字を使わない民族であった為詳細は不明。

概要

20種類以上のフルーツフレーバーと呼ばれる謎の物質をネイティブ・アメリカン独自の製法でブレンドした結果、常人では理解できない味が生まれた。現在でも中毒者を拡大させており、日本では薬事法により流通ルートが限られている。

主に秋葉原などでは取引が盛んで、合法ドラッグとして扱われることが多い。あまりの中毒性故に宗教団体を立ち上げる動きもありアメリカでは既にいくつかドクターペッパー中毒による集団自殺例が相次いでいるが気にすることではない。もっと飲んでいい。むしろどんどん飲め。

歴史

コロンブスが発見される遥か昔にネイティブ・アメリカン達がフォースを習得できるように作られた秘薬であり、当時は炭酸の抜けた不味いジュースとされた。ちなみに薬局では裏メニューとして販売されていただけで、売上は芳しくなかったという伝説が、今でも語り継がれている。

ところがアメリカ大陸を発見しヨーロッパからの移民者の多くはVIPPERであり、あろうことか「ちょwwwドクターペッパーに炭酸入れてみたwww」というスレッドが夜中に立ち、試しに飲んでみたVIPPER達は「うめえwwww」を連呼。これを期にアメリカを象徴する飲み物となった。

歴代大統領もお気に入りのため法律で規制できず、冷戦の頃は核開発と同時にメントスの組み合わせで軍用兵器として開発された経緯がある。だが、実験中に試し飲みした研究員が多く(政府の見解によれば中毒者だったという)開発放棄してドクターペッパーを買いあさった結果予算が底を突き、反戦団体からもバッシングを受け兵器としての開発は中止となった。

日本でのドクターペッパー

日本では医薬部外品であり販売箇所が限られているが、違法なものではないため比較的入手が容易である。缶、もしくはプラスチックの容器に入れられており空気に触れないよう処理されている。

空気に触れると効果を失う為、すばやく飲む必要があるが、日本人の場合はコーヒー牛乳を飲む要領で腰に手を当て一気に飲み干すのが一般的である。

アメリカでは大容量のものも販売されているが、日本では認可が下りず、350ccと500ccから選択することとなる。

関連項目


  私のおじいさんがくれた初めての「ドクターペッパー」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいドクターペッパーをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんドクターペッパー。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)