「コンバット越前」を編集中

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
9行目: 9行目:
   
 
== 傭兵へ ==
 
== 傭兵へ ==
[[ファイル:Hakase.jpg|thumb|医師としての研鑽を重ねる越前]]
 
[[ファイル:Chart.jpg|thumb|彼の残した研究成果で救われた者は多い]]
 
[[ファイル:Sinnryoujyo.jpg|thumb|越前が開業した動物病院。ムササビの保護施設も併設されている。]]
 
 
己の生まれながらの欠点を克服した彼は、マルマラ軍の傭兵として戦争に参加した。その中で彼はダニーとグレッグというかけがえのない[[戦友]]を得て、彼らと共に傭兵として各地を転戦する事となった。戦友ダニーとグレッグはコンバット越前を「越前」と呼び捨てにしているところから彼らの[[友情]]が伺える。
 
己の生まれながらの欠点を克服した彼は、マルマラ軍の傭兵として戦争に参加した。その中で彼はダニーとグレッグというかけがえのない[[戦友]]を得て、彼らと共に傭兵として各地を転戦する事となった。戦友ダニーとグレッグはコンバット越前を「越前」と呼び捨てにしているところから彼らの[[友情]]が伺える。
   
20行目: 17行目:
   
 
== 医学の道と戦いの道 ==
 
== 医学の道と戦いの道 ==
 
[[ファイル:Hakase.jpg|thumb|医師としての研鑽を重ねる越前]]
 
 
[[ファイル:Chart.jpg|thumb|彼の残した研究成果で救われた者は多い]]
 
[[ファイル:Sinnryoujyo.jpg|thumb|越前が開業した動物病院。ムササビの保護施設も併設されている。]]
 
マルマラ軍の傭兵としての仕事を終え、帰国した越前は銃を置き戦いの道を離れた。その後彼は医学について学び、医師としての道を歩み始める。順調に医師としての実績を積み重ねていた。しかし遺跡での件の10年後、彼はKOT症候群と呼ばれる奇病が[[ヨーロッパ]]で大流行している事を知り、医師としての興味、そして傭兵として培った感で彼は突如渡欧した。この際に彼は「突き動かされるものを感じた」と述べており、一種の運命的な力が働いていたようである。こうして彼は一度置いた銃を再び持ち、ヨーロッパの地へと旅立った。
 
マルマラ軍の傭兵としての仕事を終え、帰国した越前は銃を置き戦いの道を離れた。その後彼は医学について学び、医師としての道を歩み始める。順調に医師としての実績を積み重ねていた。しかし遺跡での件の10年後、彼はKOT症候群と呼ばれる奇病が[[ヨーロッパ]]で大流行している事を知り、医師としての興味、そして傭兵として培った感で彼は突如渡欧した。この際に彼は「突き動かされるものを感じた」と述べており、一種の運命的な力が働いていたようである。こうして彼は一度置いた銃を再び持ち、ヨーロッパの地へと旅立った。
   

Uncyclopediaへの投稿はすべて、Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike (詳細はUncyclopedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート: