メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:ミッキーマウスとミニーマウスが挙式

二人揃って結婚式会場へと向かう、ミッキーマウスさんとミニーマウスさん(18日=AP)
会見で報道陣の質問に答える、クリストファー・ヒル氏(ディズニー社CEO、18日=AP)

【2008年11月19日】

ハリウッドスターとして世界的に有名なミッキーマウスさんとミニーマウスさんは、18日(日本時間で19日)、アメリカ・カリフォルニア州のアナハイムにあるテーマパーク「ディズニーランド」で結婚式を挙げた。AP通信が伝えた。

二人は昨年の11月に入籍を発表。その突然のニュースにはファンだけでなく、二人と普段から親しくしていた関係者も驚いたという。この日は共通の友人であるドナルドダックさんやグーフィーさんをはじめ、各界の著名人・有名人が多数出席した。結婚式はディズニーランドを丸ごと1日貸し切り、多くの参列者が立ち会う中、キリスト教式で行われた。その後、パーク近くにあるディズニーランド・ホテルで、ミッキーさんの80歳のバースデイ・パーティーとともに「ウェディング・パーティー(披露宴)」が盛大に行われた。この模様はアメリカの3大テレビネットワークの一つであるABCによって、全米に独占生中継された。

挙式後の記者会見でミッキーさんは「皆さんのおかげで私たちは結婚できた」「これからも温かく見守ってほしい」とコメント。ミニーさんも「まさかここまで祝福していただけるなんて…」「本当に嬉しいです」と涙ながらに語った。ミニーさんは、結婚後も所属しているプロダクションとの契約を継続させて仕事を続ける考えで、それをミッキーさんが了承していることも明らかにされた。ただし、各種契約の都合上、当面の間は「恋人」としての関係を継続するという。

また、この会見では、イギリス日刊紙ザ・サン」が15日に報じた、ミッキーさんの不倫疑惑に関する質問が集中した。ミッキーさんはこれらの質問に対して「全くの事実無根で遺憾」と語り、近日中に顧問弁護士と相談したうえで、法的措置を取る姿勢を示した。また、ミニーさんも「私は100%、彼を信じています」「絶対に(不倫は)あり得ません」と強く語った。一方で、ザ・サン編集部はマスコミの取材に対して、ノーコメントを貫いている。

ウォルト・ディズニー・カンパニー(2人が所属するプロダクションの親会社)のCEOであるクリストファー・ヒル氏も同日深夜、記者会見を行い、「無事に終わって、ひとまずホッとしている」として、今の心境を率直に語った。また、この会見で国際テロ組織「アルカーイダ」から、結婚式会場へのテロ予告があったことを明かした。これについては、事前に連邦捜査局(FBI)や州警察に通報したうえで、警備協力を要請したという。参列者の安全確保のため、結婚式終了まで公表は差し控えていた。また、ヒル氏もミッキーさんの不倫疑惑について、報道陣の質問に答えた。今後のディズニーとしての対応について、「これは明らかに侮辱記事」「即刻提訴も視野に入れている」と強く語った。2006年に報じられたミッキーさんのわいせつ行為騒動では、一貫してノーコメントを貫いたヒル氏であったが、この問題についてはかなり神経質になっているようだった。

この記事は、産経新聞からの提供でお伝えするものです。

「現場一直線」~ミッキーとミニーの結婚式を見て~編集

挙式終了後にファンからサインを求められ、気さくに応じるミッキーマウスさん=泉つかさ撮影

【アナハイム=柊こなた】

結婚式の会場となったディズニーランド周辺は、朝から物々しい空気が漂っていた。周囲1kmは原則立ち入り禁止となり、道路には州警察の車両が数メートルおきに配置されるなど、厳戒態勢が敷かれていた。一部では交通規制や検問も行われていた。

入場ゲートであらかじめ配布された取材パスを提示すると、大きな白いテントへと通された。中に入るとまるで空港のセキュリティ・ゲートを思わせるかのような雰囲気で、思わず圧倒されてしまった。中では金属探知機による検査と、X線による手荷物検査、そして取材パスにあらかじめ登録しておいた指紋情報と本人の指紋が一致するか、顔写真と本人が一致するか、などが調べられた。ここまででおよそ30分間。私の後ろにも検査を待つ取材陣の長い行列ができていた。いくらテロ対策とはいえ、やはり疲れてしまう。カメラや取材用のICレコーダーも念入りに調べられた。

結婚式が始まり、ミッキーとミニーがレッドカーペットの上を歩きながらやってくると、辺りは大歓声に包まれた。フラッシュの嵐。割れんばかりの拍手。指輪交換や誓いのキスでは、感動で泣き出す参列者もいた。この日は各界の著名人や有名人に加えて、世界各国から抽選で選ばれた500人のファンが参列し、式を盛り上げた。日本からは天皇・皇后両陛下も招待された。

式が終わると、会場を近くのディズニーランド・ホテルへと移し、結婚披露宴が行われた。とにかく盛大で派手な演出で、ハリウッドスターの世紀の結婚を印象付けるような内容だった。特に、ディズニーチャンネルに出演する俳優たちによる寸劇は、出席者に好評だったようである。記者も仕事を忘れて、思わず見入ってしまった。

今回の結婚式、そして結婚披露宴は、ミッキーとミニーの門出にふさわしいものであった。いつか私にもこんな日が来るのだろうか…、と思い悩みながら、筆を置くことにする。

東京ディズニーリゾート25thアニバーサリーのロゴマーク
「夢を、伝えたい。」
産経新聞は「東京ディズニーリゾート®」の25周年を応援しています。

産経新聞は「東京ディズニーランド®」「東京ディズニーシー®」のオフィシャルプレスです。
産経新聞はオフィシャルスポンサーとして、東京ディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」と東京ディズニーシーの「マーメイドラグーン」を提供しています。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集