メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:「水、新型肺炎にも効果か?」-東大・武田教授

【24日21時22分・売読新聞社】

24日、東応大学(東大)医学部の武田信彦名誉特任准教授らのグループは「には新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)にも効果があるかもしれない」と発表した。なお武田教授は10日に水の健康効果を世界で初めて立証したばかり。

武田教授によれば「毎日水を2リットル飲んだグループは、そうでないグループと比較して明らかに予後に差があった」との事である。

武田教授らは、まず基礎疾患のないラグビートップリーグの選手から50名を無作為に選出、ついで基礎疾患のある余命1年以内の患者から無作為に50名を選択、前者のグループには毎日水を2リットル摂取してもらい、後者のグループには今まで通りの生活を送ってもらった。

その結果、1年後には前者のグループの生存率は、後者のグループの生存率と比較して明らかに有意な差が生じたという。

水の効果に注目してその効力を具体的に発表したのは武田教授が世界初であり、早くも今年のノーベル生理学・医学賞の有力な候補となりそうだ。

なお武田教授は、それぞれのグループ内に元々新型肺炎の患者が何人いたか、あるいは調査開始後に何人が罹患したかなどについては一切言及していない。

関連項目編集