メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnBooks:Twitterで炎上させる方法

はじめに編集

君がこれを読んでいるということは、どうにかしてTwitter炎上させたいのだろう。なぁに、誤魔化しても無駄だよ。とにかく、私はTwitterを炎上させるのは推奨しない。しかし、君がどうしてもと言うなら、教えてあげよう。もしここで怖じ気づいたなら、本を閉じたまえ

テクニック編集

多数の人をdisる編集

のように、多数をdisる。disった人から叩かれるのは確実である。なお、場合によってはタイーホされるかも知れない。そうなっても私は責任を負いかねる

デマを流す編集

例:「わぁ!地震で動物園のトラが逃げたぁ!みんなぁ!気をつけてぇ!」
なお、それにより社会的地位が下がる場所へ行くかも知れない。たとえそうなっても私は責任を負いかねる。 最悪の場合、地球が滅びる。

政治ネタ編集

政治ネタでぴーな発言をする。から叩かれるのは必至だろう。なお、場合によっては社会的地位が下がる場所へ行くかも知れない。そうなっても私は責任を負いかねる

内部情報流出編集

ここまで来たということは、君はよほど本気なんだな。感服するよ。これはもっとも危険を伴う。君が産業スパイでもない限りやらない方がいいだろう。しかし君はそこまでして炎上させてどうする気かね?もしかしたら訴訟を起こされるかも知れないが、私は責任を(ry

個人情報流出編集

自分の個人情報を全て流してしまえ。そうすれば君はのように伝説となれる。責任?私はそんなもの知らんよ。元々君が言い出したことじゃないか。ハハハ。

禁じ手編集

他人の個人情報を全て流してしまえ。それにより刑務所(もう回りくどい言い方はしないよ。君が相当本気だと見えたからね)へ行くのは確実だろう。君が憎んでいる相手の情報ならますます炎は燃え上がる。しっかし何でそんなことしようと思ったんだね?ベネッセシステムエンジニアでもあるまいし。

最後に編集

Twitterはエクストリームスポーツより過酷で、リスクを伴う。君が無事に生きて帰ってくることを期待している。その場合、今までより厳しい目を向けられることは覚悟するように。(ついでに言うと、アンサイクロペディアで炎上させようとするのもやめた方がいい。)
もし、君が売名目的で炎上させようとしているなら、これもやめた方がいい。本を閉じ、ちょっと落ち着こう。君が楽しいTwitterライフを送れますように。