メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Suica銀行

Suica銀行とはSuicaのシステムを利用してJR東日本がこっそり運営する銀行のことである。口座数は3000万口座を超える大規模銀行であるが、その正しい使い方はコンビニ本で紹介がなされている程度で、「知ってる人は知っている状況」程度である。

目次

口座の作り方編集

用意する物

  • JR東日本のSuicaを販売している駅に行く体と運動に必要な器官と並みの機械操作ができる知能。上記を行うためのエネルギー。
  • 口座開設料500円と初期入金分500円。
  • 上記以上に入金をしたい場合のお金。

駅で作れる口座の種類

  • 無記名カード

カードを無くしても預け入れ額が使用停止及び再発行出来ないカード。

物拾い乞食への寄付専用カードと言っても多言ではない。

  • 記名式カード
    • 本人と確認できれば使用停止及び再発行が出来るカード。 JR東日本が推奨しているカードである。
  • また、インターネット上で登録することによってポイントを貯めたり 別申請で定期券機能やクレジットカードで自動入金機能を付加できる。

口座開設の際、駅で必要な操作

西瓜印のついた緑・黒・青色の機械に話しかけてみる。

それが無理なら直感操作でおk。

直感操作で作れない輩は駅員を呼び 作ってもらう。

駅員が断ったり 拾得できない脳の場合は諦めろw。

カードができた場合のみ品質を確かめる。 但し、品質が悪くても我慢することである。

使用方法編集

入金の仕方 前途の機会に発行されたカードを投入し 入金希望金額の指定をする。


機械から金をよこせとの発言があったら 素直に入れてあげる。

他にも方法があるかもしれないが…


入金できないケースの例

などが上げられる。

払い出し方編集

払い出し対応自動券売機兼ATMの場合

Caution!

    必ずご利用前に払い戻しを押してその画面に【ICやオレカ購入きっぷは係員にお申し付けください】と表示されていない
    事をご確認ください。されている場合はご利用いただけません  表示されている機器で誤ってご購入された場合は
    そのまま電車に乗る、きっぷを捨てる、または係員のいる有人改札口、みどりの窓口へお越しください。 
    お説教の上、お引き出しするか、頑固な係員の場合は不正扱いで没収しますので、ご注意ください。

Suica(またはPASMO、その他相互利用カード)を券売機に入れる 左上のきっぷを押す(ここでは乗車のためではなく、払い出し小切手の扱い)その項目から希望金額を指定する。 60円~約4000円(大人3人という倍設定キーをおす)まで選択できる。 場合によってはさらに上も可能

五分以内に 同駅の緑・黒の機械の右下にある払い戻しの項目から指定の場所に払い戻し小切手を投入すると払い戻される。

みどりの窓口のねーちゃん(場合によってはおじさん)を使った手続き

  • 残高全額払い戻し(その際、払い出す金額のうち210円の手数料が必要)
  • 預け金の引き出し。

なお、窓口では1ヶ月先までの任意の区間が表示されたきっぷに変更も可能。もし乗車予定がない時も、最安値(初乗り額)に変更すると、単純に手数料を納めるよりも被害は少なくなる。

利用上の注意編集

  • Suica銀行は預金保険制度の対象ではありません。
  • きっぷにご希望金額がない場合、お取り扱いできません。他の金額をご希望の場合、手数料が発生する事があります。
  • 利子はつきません。運用益は全部JR東日本様のもの。
  • 急激な経営状態の変動があった場合、お取り扱いを中止する事があります。また、前途の通り補償制度は適応されません。
  • 場合によっては駅員に罵声を浴びせられる場合があります。

関連項目編集

  • 花見
  • WAON銀行-ポイントの現金での支払い時期を先延ばしして、銀行に預けたり、株に投資したりして、儲けてるんだとか。