メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ナスダック

NASDAQから転送)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナスダック」の項目を執筆しています。

ナスダック(なすだっく)とは、アメリカ投資家が1日1食は食べる北京ダックから派生した料理の一種。

北京ダックはアヒルを焼くが、ナスダックはナスとアヒルを焼く。

概要編集

1971年に中興企業が上場する証券所がアメリカニューヨークに誕生する。

その証券所で、ナスダックを売りだし、2000年頃には1日に6000個を売り上げ、一躍投資家の夕食となった。

02年に「日本でも売り上げを伸ばそう!」と考え、大阪に「ナスダック・ジャパン」を進出させるが、日本人の口に合わずに02年、ナスダック・ジャパンが独立、ニッポン・ニュー・マーケット ヘラクレスが誕生するが後に後述するジャスダックと統合された。

現在は全盛期よりは減ってはいるがそれでも3000個近くを売り上げており、その影響力は円相場(ドルユーロ)、ニューヨーク株式市場とともに日本国民に知らされるが、日本国民には関係のない話であって、ほぼ無視されている。

また、ナスダックの二番煎じとしてジャスミン茶を使ったジャスダックや、コスモスを使ったコスダック(07年販売中止)なども売っているがさほど売り上げは伸びていない。

調理方法編集

※時間はアメリカ東部標準時

生地は朝7時から練る。

9時半までに完成させてナスの調理を9時半から16時まで行う。

この間に休憩はせずに油で揚げ続ける。

16時から20時まではアヒルを油で揚げ続けて完成させる。

また、ナスダックジャパンが失敗した理由としては日経平均株価などに代表されるように、日本人は休憩(昼食)がないと調理を続けられないことが上げられる。

関連項目編集