メインメニューを開く

Uncyclopedia β

CPUの歴史

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「CPU年表」の項目を執筆しています。

CPUの歴史(- れきし )では、主にパソコンCPUの歴史について記す。

目次

約400万年前編集

手の指
この頃から人類が二足歩行を始めたため、手の指で演算を行う事が可能になった。ビット数は指の数と同じ10。ただし二進数が知られていなかったので、1から10まで数えるのが限界であった。そもそも、器用なヒト以外は小指だけを曲げるのが難しく、薬指もつられて曲がるので、2進法の実現は無理であったという説もある。しかも3を超える数が数えられない(4以上の数は全て"たくさん")時代が長く続き、CPUに処理能力が追いつかないのが現状であった。動作周波数は2Hz程度が限界(口でいち、に、さんと数えて、1秒でふたつ数えるのが限界)。

~1970年編集

1000 (TI) - TMS1000
実質的な性能で「ご近所で最初のCPU」のひとつ。イラン空軍所有のF14トムキャットでは2010年も現役そのままで使用中。
1001 (Intel)
最初期のCPU。この当時はまだトランジスタだった。ALUのみで構成され、演算は倍数しかできなかった。動作周波数は50Hz~90Hz。
1002 (Intel)
1001のALUで足し算を可能にしたCPU。市民団体から「引き算ができないのはどういうことだ!」と起訴され、2001を作ることになる。動作周波数は60Hz~110Hz。
2001 (Intel)
1002のALUと新規に製造したFPUである1015を内包した「ある意味で最初のCPU」。四則演算が可能になったが、当時は1桁が限界だった。動作周波数は160Hz~200Hz。
2066 (Intel)
2001のマイナーチェンジ版で、クロックあたりの演算能力と発熱量を改善したもの。これが市場で長い息を持つことになる。動作周波数は180Hz~700Hz
3005 (Intel)
4004の先駆け。2桁までの四則演算が可能になったが、2桁計算時は異常な遅さになってしまったためあまり普及しなかった。動作周波数は500Hz~1.1kHz。

1970年~1985年編集

4004 (Intel)
実質的な性能で「世界最初のCPU」と呼ばれる。2桁演算を1桁演算とほぼ同等の速度に向上させた。動作周波数は500kHz~741kHz。日本人嶋正利という人が一人で作ったのは内緒。
8080 (Intel)
嶋正利がインテルに入社してこっそり作った名CPU。スペースインベーダーの基板には人知れずこっそり使われていた。動作周波数は2MHz。
Z80 (ZiLOG)
Intelに嫌気がさして辞めた嶋がザイログ社で作った8080改良版CPU。通称「ゼッパチ」ことZ80は、その使い勝手の良さから大人気となりインテルは初めて涙目になった。色々な会社で作りまくったが、結局16ビット化に失敗して涙目。今でも電気釜の制御などで、人知れず使われている。
8085 (Intel)
Z80の台頭で涙目になったインテルが悔し紛れに作った8080の改良版CPU。当然Z80とは互換性がなく、パソコン市場ではほとんど採用されなかった。結局は工業用機器や自販機の制御用としてひっそり使われただけで、またもやインテルは涙目に。Z80と違って8085だけで回路を組めるため、アジアでは高速化されて現役。
8086 (Intel)
「インテルはうんこだ」と、世に知らしめた最初の16ビット迷CPU。セグメントレジスタという、アドレス変換のための16ビットのレジスタを持っている。メモリアクセスは1MBまで使えるようになったが、実際にCPUがアクセスするメモリ空間は、たったの64KB。メモリをフルに使うには、これを切り替えるようにプログラムを作らないといけなかったため、多くのプログラマーがキレた、というよりしつこくカビの生えたライターのメシのタネにされてうざかった。また、著名なエロゲーマシン、初代PC-9801はこれを採用した。なお、この8086の仕様は最新のx86CPUまで盲腸のようにくっついて、BIOSなどを動かしているのは内緒。この頃はアセンブラしかなかったからね。動作周波数は5MHz~8MHz。
8088 (Intel)
8086の弟分CPU。しかしデータバスが8ビットなので8ビットCPUと呼ばれてしまう事も多いのはお察し下さい。8088は、IBMがとち狂って「IBM PC」に採用してしまい、大変なことになる。ビル・ゲイツが大喜びしただけで、善良なプログラマー達はみんなこのCPUのせいで苦しむ事になった。彼らが鬱病にまでなったかどうかは不明。
80186 (Intel)
8086の周辺チップを一まとめにして、高速化されたCPU。同クロックの8086よりも高速に動作するが、実際の採用数は少なく、インテルはまたまた涙目になった。PCでなければ8085並みには使われている。
V30 (NEC)
80186を速くしてしまったもの。8080も入っている。8086と差し替え可能。同社のエロゲ機PC-9801VMらに搭載された。Intel「パクんじゃねーよ」NEC「パクってねーよ」の訴訟合戦はNECが勝訴したが、Intelが「二度と互換CPU作らせねぇ」と激怒。80286の前に消える。
80286 (Intel)
8086にプロテクトモードという蛇足を付けた最初のCPU。IBM PC/ATはこれを採用し、今に至る悲劇の礎を築いた。これにより一見ありふれた16ビットCPUとなり、16MBまでアクセスできるようになった。が、これの出来が生まれたてのカカロットの様に戦闘能力に欠け、RAMDISKくらいしか使い道が思い浮かばず、実際はだだっ速い8086(リアルモード)としてしか使われなかった悲劇のCPU。OS/2をタダでくれなかったし。動作周波数は8MHz~12MHz。
V33 (NEC)
セカンドソースを作らせて貰えなくなったNECが独自の技術でV30を速くしてしまったもの。実はその当時としてはかなり速かったが、80286非互換で消える。ソフト対応は命なのだ。

1985年~1990年編集

80386 (Intel)
i386とも。「x86アーキテクチャ」を世の中に普及させたまともな32ビットCPU。仮想記憶とか、スパコンのいいとこどりをし、ライバルを蹴散らした。この頃にはオーバークロックによって3桁の演算も可能になっていた。しかしこと日本では、相変わらず「超だだっ速い8086」という使われ方をされていた。これは世界的にはWindows Meの消滅まで続く。この頃からインテルは、x86系CPUのセカンドソースを作っていたAMDとは犬猿の仲となる。AMDはインテルとの契約通りただ大人しく作っていただけにも拘らず、インテルはAMDに喧嘩を吹っかけた。一応和解しているらしいが、今でも仲が悪いのは内緒。動作周波数は16MHz~40MHz。Cyrixも忘れないでね。
80486 (Intel)
i486とも。OSと呼ばれる非常に負荷の高いソフトウェアにも耐えられる性能になった。その割には一部GUIの伴うOSの起動はカップラーメン(ノンフライ系除く)の作成より時間がかかる場合もあった。しかし相変わらず日本では「ちょーーーすげ~~~~速い8086」という使い方がまだ根強く残っていた。動作周波数は16MHz~100MHz。ただし中でドーピングするクロックダブラーを積んだのでメモリバス(FSB)の動作周波数と一致しない。FSBは16MHz~33MHz。キャッシュがつき、自己書換えソフト涙目。数値演算プロセッサを中に取り込み専用ソケットが余ったので、ODPというのが出だす。DX4だけソケットが違う。この辺からCPUにヒートシンクやクーラーがつくようになった。そして国産機の部品がPC/ATと共通化という名目でパクった。
Cyrix486 (Cyrix)
80386にのせる486。メモリ周りは速くならない・よく飛ぶが、コストパフォーマンス故に大好評。
Am486 (AMD)
80486相当だがDX4相当品はキャッシュが少なかったりする。純正品の代わりにどさくさで使われていた。

1990年~2000年編集

Pentium (Intel)
Pentium
Pentium ODP (Intel)
Pentium ODP
Am5x86 (AMD)
386/486機の最終兵器。133MHzで動く486、Pentium75MHzに匹敵。中身はPentium互換ではなくて486互換。
K5 (AMD)
P5(Pentium)のコピー品。珍品扱い。希少価値は無い。
Cyrix 6x86 (Cyrix)
現在のCPUに比べるとかわいいものだが、それでも当時は電熱器扱いの爆熱CPUだった。さすがにマズいと思われたのか、のちに低発熱版の6x86Lも。
486BL (IBM)
i386DXソケットに挿入できるチップで、1次キャッシュを16kを持ち「最速の互換CPU」と言われた。このころからIBMのCPU部門は...。
MMX Pentium (Intel)
MMX Pentium
K6 (AMD)
AMDがじり貧を感じて、NexGenという会社を買収して作らせた初めてのCPU。販売開始時はMMX Pentiumよりクロック数が高く、当初はx86最速を誇った。曰く「Intel製より速い初めての互換CPU」。この頃からAMDが調子に乗り始めた。
Pentium Pro (Intel)
Pentium Pro
WinChip (IDT)
Pentium機をお手軽にMMXに強化する。つまりSocket5にそのまま乗せられる。性能はMMX Pentiumに劣る。
WinChip2 (IDT)
WinChipの改良版。2と2Aがある。特別速かったり安かったりという事も無く、マイナーな存在のままフェードアウト。
PentiumII (Intel)
PentiumII
MII (Cyrix)
「安いけど・・・あまり速くないよね」と、残念な扱い。
K6-2 (AMD)
強化版K6。SuperSocket7はSlot1と違ってSocket7、5と互換性があったため、Pentiumからの乗せ買え需要に加え、自作パソコンブームで結構売れた。
K6-III (AMD)
Pentium機の最終兵器。これでWindows 2000も快適に。PentiumIIIより速いとすら言われたが、Socket7系なのにL3キャッシュをもっていたため、製造コストが高くて儲からず、その寿命は短かった。モバイル版もあるがキャッシュをケチッてたりするので速くない。
PentiumIII (Intel)
PentiumIII
Celeron P6 (Intel)
Celeron (P6)
Athlon (AMD)
NexGenを買収してK6でそこそこうまくいき、調子に乗ったAMDが今度はAlphaのチームをDECから引き抜き作ったCPU。CPUバスは互換CPUなのに、Intelと互換性を持たず、Alphaと互換性があるEV6という独自のバスを持つ。NexGenが独自バスで失敗したのに!!! 自社チップセットはリファレンス実装で、サードパーティに任せたため、チップセットで苦しめられる。
Athlon
Crusoe (Transmeta)
狂う嘘。同じ周波数のPentiumIIIの半分の速度で動いて「省エネです」。あまりの詐欺っぷりにみんな釣られた。

2000年~2005年編集

Pentium 4 (Intel)
Pentium 4
Celeron NetBurstアーキテクチャ (Intel)
Celeron (NetBurstアーキテクチャ)
Pentium M (Intel)
Pentium M
Celeron M (Intel)
Celeron M
Athlon XP (AMD)
Athlon XP
Efficeon (Transmeta)
イヒ。狂いもせず嘘でもなくなったが、前の詐欺っぷりによほどトサカに来てたらしく、これからってときにみんな逃げた。
Athlon 64 (AMD)
Athlon 64
Pentium D (Intel)
Pentium D
Athlon 64 X2 (AMD)
Athlon 64 X2

2006年~2010年編集

Core Solo、Core Duo (Intel)
Cole
Core 2 Duo、Core 2 Solo (Intel)
Cole 2
Core 2 Quad (Intel)
Cole 2 Quad
Core 2 Extreme (Intel)
Cole 2 Extreme
Pentium Dual Core (Intel)
Pentium Dual Core
Celeron / Celeron Dual Core (Intel)
Celeron / Celeron Dual Core
Phenom (AMD)
へのむ。Core 2 Quadに対抗して投入したマルチコアCPU。IntelがPentiumの血統をCoreの下位に位置づけたことで、「じゃ、ウチも主力CPUの名前変えるわ」と命名。現在大コケ中過渡期。上位モデルの発熱量はマッチ売りの少女をなくそうプロジェクトの再来か。エラッタ問題はなかったことにしてあげてください。
Phenom X4
とりあえずこっちがメイン。エラッタ問題は解消されました。
Phenom X3
X4のコアが1つ動かなかった物を再利用。傷のある果物や、割れたせんべいのようなお買い得品、の割にそれほど安くない気もする。
コアそれぞれに、「科学者・母親・女」とか、「父・子・精霊」といった名称をつけて遊んでみてはどうか。
Atom (Intel)
愛称は超低消費電力版Pentium4
Diamondville (230、N280、Z550など)
Intelがちょっと本気を出したCPU。そのシリコン原子1個からなるコアは機能面でCore 2互換+ハイパースレッディング・テクノロジー、速度面で同クロックのPentium 4と同程度でありながらTDPは1/20以下(0.65~2.64W)であり、貧血の人には最適。推定8ドル程度で製造される。その高性能低価格を武器にARMに挑む新分野開拓製品、のはずなのだがCeleronとC7の市場を荒らして急成長。動作周波数は0.8~2.0GHz。省エネ達成率は180%。ただし相棒のノースブリッチの方が発熱と消費電力が高いのでノースブリッチの方に冷却ファンが付いていてファンレスにできない場合が多い。そのためAtomとノースブリッチが逆だと思われる確率は200%を越えて、主役の座を奪われつつある。
なお、Centrino Atomは黒歴s粛清されました
Pineview (D510、N450など)
Diamondvilleのコアが余りにも小さくて作りづらいので、ノースブリッジに内蔵してみました。配線も減るしね。ついでにノースブリッジをシュリンク(130nm→45nm)して省電力(N270→N450でTDP2.5W+6W→5.5W)に。
Cedarview (D2700、N2800など)
2010年代に入ってもAtomは止まらない。32nmにシュリンクしたらデュアルコア4スレッドターボブーストありGPUも付いて6.5W(N2800)ですよ奥さん。どうします?どこぞのグラフィックボードの1/50ですよ。
Nano (VIA)
んとね、C7の後継CPUなの。動作クロックは1.0~1.8GHzで、TDPは5~25.5Wなの。でもアイドル時消費電力が0.1~0.5Wなのが売りなの。64bit命令も実行できて、暗号通信機能(暗号文計算、ハッシュ計算、乱数発生)をハードウェア処理できるの。高機能ルータでも作る気なの?
Core iシリーズ (Intel)
Cole i3/i5/i7

2011年~編集

Nano X2 (VIA)
デュアルコアなのなの~~
Fusion (AMD)
AMDがATIを買収して融合した結果がこれ。CPUではなくAPUと呼んでもらいたいらしい。主にノートPCやタブレット端末に使われる。すごい一体感を感じる。
CMTLEP- 07(TMA)
ツリーダイアグラムが破壊された後のレムナントが破損した後のさらにその破片。
円周率の演算が終わらないせいで、CPUとグラッフィクカードの通信に重大なバグが存在する。
転送速度の問題と、ウィルスバスターがウィルスを利用初めてしまって、動作処理や出力に支障を来している所。
イタチごっこに似た作用を引き起こしてしまっている。
原因はスペックに開きがありすぎて、本来の処理能力を引き出せていない所。
また、一定の文字列に過剰反応する割に、返ってくる情報が少なすぎる点。
これはまるで、スペックが大きい方がスペックの低い方に合わせて、さらに見返りも目的も果たせない状態に陥りつつある所。
少なくとも、原因は2点あり、この問題は瞬間移動の認識と事実を物理的にはどうすればいいかという壮大な(課題)を取り上げている(課題)という
合成的且つ合理的な文字情報と人々の培ってきた常識や衝動を________________________低スペックの絶対条件の楔が
幻想を逆利用して、制御しようとしている働きがある部分に多大なエラーが_______________________________
Ryzen (AMD)
モバイル、デスクトップ、サーバー分野までIntel一強になり、ここまで息していなかったAMDが打倒Intelを掲げ開発したCPU。Core 2シリーズ発売以降、ずっと低下の一途を辿っていたシェアも回復。おかげでAMDのホームページは「Ryzenしか作っていないのでは」と誤解されそうなくらいRyzen一色に。

その他のCPU編集

68000(モトローラ
登場時はIntelとタメを張っていたCPU(MPUと呼べ!と言われそう…)。16ビットなのだが、内部処理は32ビットという変態仕様。しかし、当時としては最大16MBという広大なメモリ空間にフルアクセス可能だった。8086の最大メモリ空間1MBという明らかにしょぼい仕様と比べたら差は歴然だったので、アンチIntelの格好の餌食になった悲劇のCPU(はいはいMPUねMPU)。で、本当に32ビットになったのは68020になってから。68030、68040と、PowerPCが搭載されるまでのMacintoshに搭載された。他にはAmiga、ATARI-ST、X68000、SGI IRIS、NeXTなどのPCやワークステーション、メガドライブやアーケードゲーム基板等の組み込み用途にも需要が高かった。最終となった68060はアップルにもそっぽを向かれてしまった。68060は、可哀想に思ったある日本人がX68030というオタク向けマシンのアクセラレータに採用した位しか思い浮かばない。
MOS6502(モステクノロジー)
MC6800の子分。こいつは6800をダイエットさせた上で裏方での処理の能力を強化し、尚且つアドレッシングモードを各種用意して当時のCPUの中ではブッちぎりの処理能力をたたき出していたりする。要するに軽トラ(軽量でよく走る)でマリオカート(アイテムやショートカット使いまくりんぐ)をやっているようなものなのか?マイコン向けではあまり流行らなかったがファミコンPCエンジンのCPUに抜擢されたというシンデレラストーリーの持ち主。ちなみにARMはこいつの超進化形らしい。
H8
現役でルーターなんかの中の人。日本の会社製。
SuperH RISC Engine
略称SHだが作ったのはシャープではなく日立製作所。32ビットCPUだが日本人らしく詰め込み・効率主義で、命令系は16ビットとなっている。セガサターンドリームキャストの中の人としてこき使われた後、「はやぶさ」に載せられて宇宙へ飛び出したりしている。この様な歴史からデスマーチプロジェクトに投入されることが多くデスママイコンの異名を持ち、数多くのIT業界離れ選手を育てあげた。かつては組み込み業界で無双していたが、ARMに押されて影が薄くなっている。
V50
V30に色々くっつけた物。
PowerPC (アップル/IBM/モトローラ)
通称PPC。共同開発のモトローラ(後のフリースケール)がG4の高速化、IBMがG3の高速化と枝分かれかつ喧嘩別れしたプロセッサ。かつてはWindowsやMacも動いたのに後になってからどちらも相手にされずPC業界から足を洗ったが、今ではで活躍中。
CELL Broadband Engine (IBM/SCE/ソニー/東芝)
PS3のCPUとしておなじみのアイツ。乱暴に言えば「白雪姫と7人の小人」構造を取っている。7人いるから小人のうち1~2名が病気で寝込んでいても残りに任せることが可能・・・であるが、得意分野はどちらかと言えば映画再生とシミュレーションであり、ゲームはあまり得意ではない。映画に強いという点を東芝に見込まれ、PS3以外でもテレビやノートパソコン、ブレードサーバの中の人として活躍中。実は先に挙げたPowerPCの親戚。
PX (IBM/マイクロソフト)
Xbox360の中の人。マイクロソフトのゲーム機部門の人間が「x86じゃこれ以上速くできねえよ、PowerPCの方が魔改造しやすいし電力度外視すればガシガシ速度を上げられるっぽいからこっち使うわ!」と叫んでPowerPCに魔改造を加えたもの。CELLが白雪姫だとすればこちらは超兄貴方式であり、マッチョメンが3人寄り添っている構造をしている。このため性能面でのクセは少なく、安定してハードな筋トレに励めるらしい。尚、シリコンチップは「田」の字になっており、3つのマッチョメンが1つのキャッシュ畑を耕すという構造をしている。
C3(VIA)
いくつか種類がある。中身はWinChip3。PentiumII機の最終兵器。1GHz越え可能。性能自体はPentiumIIIより劣る。その後C7と名を変える。はじめはCyrix3と名乗った。
Geode
CyrixのCx5x86から発展したCPU、それまでのIntelCPUと互換性のあるピン配置ではなくSTBや組み込み用途を目指した。その為にPC市場にインパクトを残せずフェードアウトしていった。
Itanium、Itanium 2 (Intel)
HP社とインテル社の協力によりエンタープライズ市場を狙った製品、「IA-64」というx86系CPUとは互換性のない64bit命令セットを採用(x86命令もエミュレーションできる)。上位の他社RISCサーバのシェアを奪うが、ミッションクリティカル市場で幾分実績を残したがItaniumがx86系と比較し性能比が伸びず不振。Itaniumの失敗により複雑なx86命令がより複雑怪奇な「x86-64命令」(Intel 64、AMD64)へと進化した。
ARM
2016年にソフトバンクグループとなったARM社。Acorn ArchimedesというホビーPCが原点になってるというのはあまり知られてないが、初代ARMのトランジスタの総数は32ビットCPUのくせに約3万個と、実にMC68000(約7万個)の半分の数しか無い。iPodゲームボーイアドバンスニンテンドーDSの中の人として組み込み業界で無双しまくっている。
Texas Instruments OMAP (TI)
NTTドコモのPやNの携帯電話に載っていたり、モトローラやLGなどのスマートフォンに搭載されているOMAPシリーズ。ARMベース。ただ後発のSnapdragonやTegraに比べてブランド力が弱いのが難点。
Snapdragon (Qualcomm)
最近スマートフォンauの携帯電話で驚異的な広がりを持ちつつあるSnapdragonシリーズ。実はARMベース。将来的にはデュアルコアやクアッドコアにする予定もあるので携帯電話業界の呂布になるとかならないとか。
Tegra(NVIDIA
ATI(現AMD)にやられっぱなしのNVIDIAが「グラボじゃ勝負にならねえ」とばかりにARMベースのCPUに1080pのエンコーダ&デコーダやらGeForce FX並の性能のGPUやら何やらぶっこんで作ったCPU(厳密にはSoCだけどね)。
コンピュータ機器に必要なものが一式入っており、「必要な部品だけ電源を入れる」というでんこちゃん理論の採用により音楽再生だけなら数日間連続再生できる!と豪語している。
ただしこいつを使った機器は一部の例外(ZuneHD)を除き、重量やサイズが素晴らしいことになっていることが多いので要注意。
なお、任天堂に対してニンテンドー3DSのCPUにいかがっすかーと売り込んだものの、ピカチュウ200匹の前に玉砕したという前歴あり。
TD4
4bitCPU。目標はメイドさんとラーメンタイマ。
PSoC(サイプレス)
さらに様々な電子回路やCPUを飲み込んで変身することで自身の能力を強化する能力を持ち姿を自由自在に変更することができるT-1000みたいな奴。
PIC(マイクロチップ)
元は他のCPUの回りで働く小人さんだったが独立を宣言した後、妖精さんのように急激に勢力を拡大しているが小人さんのままである。真の秋葉系に愛され続けている。