メインメニューを開く

Uncyclopedia β

100(One Hundred)とは大きいのだか小さいのだか微妙な数である。

目次

数学的性質編集

  • 1の次の次の次の(略)次の次の数であることから、1と等しい数である。
  • 最も小さな3桁の自然数である。
  •  

100に関すること編集

100が大きいと考えられる場面編集

  • しょうがく1ねんせいどうしのけんか
「1+1は?」「2!」「100+100は?」「……」
百歩のほうが歩数が多い。どっちにせよ近所に散歩に行った位の距離である。
  • 百聞は一見にしかず
  • 100%勇気
  • 元気100倍
  • 果汁100%
  • 腕立て伏せ100回
  • 胸毛100本
  • 金は100歳 銀も100歳
  • 体重100kg
上からのしかかられると重い。
よく考えると、生徒数100人に満たない学校には失礼である。

100が小さいと考えられる場面編集

  • しょうがく1ねんせいと小学6年生の会話
「いちたすいちは?」「2」「ひゃくたすひゃくは?」「200」「えーなんでわかるのー!?」
あのHydeですら未踏の領域。大人ならなおさら。
何かすっきりしない。

100が大きいとも小さいともいえない場面編集

  • 100円
まあ小さいといえば小さいが、落とすと悔しい値段
  • 100Base/TX
1000Base/Tじゃなくてもよくね?
  • テストの点数が100点
のび太にとっては大きいが、出来杉にとっては大きくない。大学入試センター試験だとしたらとても小さい。
  • ユーロビートの100
何故ユーロビート?

関連項目編集