メインメニューを開く

Uncyclopedia β

1+1=2

1+1=2(いちたすいちはに)は、算数の基本定理であり、数学界における最大のである。

目次

証明編集

  • 一部の数学者が唱えるものである。
  • また、この証明を最初に唱えた者は、自らの証明の過ちを悟ったのか、未だに名乗りを挙げていない。
  警告
このページを見てしまったあなたは、これからあらゆる計算を行うとき、下の証明を使わないとこの世が終わる確率が高くなります。

1+1に関する証明編集

ペアノの公理に従い、自然数は  とする。

 

πは3であるため

 

これに、

 

を、

 

でかけたものを加え、2622を引く。従って求める値は1と1の和であるため、加法の法則により

 

問題点編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「1+1=2」の項目を執筆しています。
「非論理的だ。問題点などあるはずない。」
この数式 について、湯川学
「君もまだ分かっていないようだね」
1+1=2 について、木島征志郎
「物資には限りがあるが精神力には限りがない。1+1は、今日は2であるかもしれないが、明日は3になり、4になる。そうして最終的には無限になる。これが精神力であります。」
1+1=2 について、東條英機
  • 1+1=田と真っ向から対立する。
  • ペアノの公理(0の次には1、1の次には2があること)の証明が未だになされていない。
  • 1=2という証明が既になされている。
  • 156=256という学説
  • スポーツなどのチームプレイ、戦争や喧嘩などの多人数による闘争において、しばしば指導的立場に立つ者は「1+1は、3にも、4にもなりうる」と説く(逆説的に、敵対陣営については「1+1は、必ずしも2にならない」とも)

が挙がっている。

関連項目編集

外部リンク編集


  この項目「1+1=2」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)