メインメニューを開く

Uncyclopedia β

鶴見線

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴見線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鶴見線」の項目を執筆しています。

鶴見線(つるみせん)とは、京浜工業地帯に通勤する人たちのためのJR東日本の路線である。なお乗車しても決してられるわけではない。見られるのは工場ばかりである。

目次

概要編集

鶴見駅から海側に逸れて、京浜工業地帯の中にある扇町駅を結ぶ本線と、途中の浅野駅から海芝浦駅を結ぶ海芝浦支線、武蔵白石駅から大川駅を結ぶ大川支線の3路線からなっている。

このうち、海芝浦支線は終点の海芝浦駅が東芝の工場内にあるため、実質的に東芝社員専用路線と化している。

また、京浜工業地帯という場所柄、旅客列車だけでなく貨物列車も頻繁に運転されており、鉄道教徒の貨物宗にとっての聖地ともなっている。

歴史編集

最初の開業は1926年にまでさかのぼる。元々は鶴見臨港鉄道という私鉄が建設した路線であった。元々は貨物輸送だけを行う貨物鉄道であったが、沿線の工場の従業員の嫌がらせ要望により、電車による旅客営業も行うこととなった。本線が扇町駅に達した後は貨物線や専用線を買収しながら、路線は次第に大きくなっていった。

しかし、京浜工業地帯という場所柄、戦争時代に入るとその重要度は飛躍的に高くなり、1943年に国に買収されてしまう。

国鉄鶴見線となったのちは買収した罰なのか頻繁に空襲に遭い不通になることが多発。しかし国鉄はこれを見捨てずに復旧させ、京浜工業地帯の人たちの足を守った。

戦争が終了し、国鉄がお亡くなりになるとJR東日本の管轄となるが、同社は鶴見線をボロ電車の最期の地として定め、戦時型電車、いわゆる旧型国電を押し付け、平成の世まで残したままにした。もちろん鉄道教徒は我先にとこのボロ電車の撮影や乗車に走った。このボロ電車は平成8年には運行終了となってしまうが、その後も103系205系など、他路線で使い古したボロを改造して運行させている。

都会の中のローカル線編集

京浜工業地帯に散在する工場群・企業群に通勤する人たちのための路線という性格からか、朝夕は3~10分間隔、線区によっては10分~20分間隔と列車本数は多いが、日中は全くのローカル線と化す。それでも20分~30分間隔が確保されているから良心的といえば良心的なのであるが、行きたい方面によっては1~2時間待ちといったこともざらである。

こうした鉄道教徒泣かせのダイヤから、鶴見線は「都会の中のローカル線」と称されることがある。これでも走っているのは横浜市川崎市なのに。

海芝浦駅編集

海芝浦駅は海芝浦支線の終点となる駅であるが、この駅の周囲は東芝の私有地であるため、社員でなければ改札の外に出ることができない。しかし、京浜工業地帯の工場群の美しい眺めに魅了された工場オタクカップルが多数来るようになったため、JRは東芝のご厚意の元、急きょ駅の隣に公園を整備し、眺めを存分に楽しめるようにした。

本来の利用客である東芝社員は、ラッシュ時にはただでさえ満員となる電車に乗車してくるこのような娯楽目的でやってくる乗客に白い目を向けているとか向けていないとか。

大川支線編集

先ほど、「武蔵白石駅から大川駅を結ぶ」と大川支線を紹介したが、実際に武蔵白石駅で大川支線に乗り換えることはできない。これは駅の構造上の問題で、大川支線に入る分岐が急カーブとなっており、ホームを設置することができないからである。よって、大川支線に乗り換えたい場合は一つ手前の安善駅で乗り換えることになる。

このことを知らないで武蔵白石駅で大川行の列車を待っていた乗客は、目の前の線路から左に逸れて通過していく列車を見て涙することとなるが、そもそも大川行の列車は日中時間帯に一本も運行されず、土休日ともなると一日3往復のみであるし、利用者もそれを分かっている工場通勤者ばかりなので、取り留めて問題はないのかもしれない。

関連項目編集