メインメニューを開く

Uncyclopedia β

人生は こんな ありふれた 音楽に 似ている
音楽 について、Virkato Wakhmaninov こと 弁士カンタビレオ
「限られた音階の中で、どうしてあれだけ無際限の可能性を秘めているのでしょうか。」
音楽 について、松本孝弘
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「音楽」の項目を執筆しています。

音楽(おんがく、おんらく)とはによって人をバカにもアホにもどうにでもできるように開発された最先端技術である。この技術により、カクテルすることなく複数の神経に作用する麻薬の一種が完成した。

どういう気分になるか?あるいはどのような人格になってしまうのかはジャンルによって異なる。麻薬的要素が大変強く一度中毒に陥ると金銭感覚や道徳にも影響されてくるきわめて危険なものである。

このことは製作者陣にもよく現れており、ミュージシャンたちも、製作過程において影響を受け、特色ある行動に出る。パンクロックに携わった人は物を破壊しがちになる、ガバハードコア系に携わった人は常に頭を振るようになる、メタル系に携わった人は、派手な服飾や光などを好むようになるなどが、報告の多い主な症例である。

主に指定暴力団JASRACの資金源となっており、社会的にも悪影響を及ぼす恐れがあると懸念されているが、今のところこれといった対策はないようだ。

目次

タバコ級編集

睡眠薬麻酔系編集

向精神薬系編集

鎮痛剤系編集

幻覚剤系編集

バッドトリップを引き起こしやすいもの編集

音楽の便利さや正しい使い方編集

音楽はどの場所かを知らせる道具として利用できるので盲人にとって音楽は便利なものである。ゲームではどのステージかを知らせる道具として利用できる。 音楽をどの場所かを知らせる道具として利用するのが音楽の正しい使い方である。

その他編集

アンコモンズに、音楽に関するガラクタがあります。


この項目「音楽」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)