メインメニューを開く

Uncyclopedia β

長門有希が読んだ本

長門有希が読んだ本(ながとゆきがよんだほん)は、長門有希涼宮ハルヒの憂鬱の作中で読んだ本の一覧と説明である。

目次

編集

 
ハイペリオン。

ハイペリオン編集

ISBN 4152020792

長門有希キョンに貸した本。その中に紙が挟まれていた。この本はSF。対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・ インターフェース(略称:TFEI)の長門にも何かが通じるものがあったのであろう。

作中に登場する未来を予想出来る超スーパーコンピュータ「AI」が、情報統合思念体とダブっているのは禁則事項である。

 
考えてみると、長門はハイペリオンを読む前に続編のこれを読んでいる。

ハイペリオンの没落編集

ISBN 4152020822

ハイペリオンシリーズの続編。

 
暗号解読。

暗号解読編集

ISBN 4105393022

暗号の歴史についての書籍。秘密鍵(AESやDES)・公開鍵方式やRSA暗号(素因数分解の困難さを用いた鍵)など高度な理論で埋められており、難しい。

 
哲学者の密室。

哲学者の密室編集

ISBN 4334922090

哲学者が密室殺人事件に遭遇する長編推理小説。

 
900ページ近くあるのに、よく野球場に来てまで読んだものだ。

オイディプス症候群編集

ISBN 4334923577

この物語は十人余りの男女が孤島に閉じ込められ、次々と同地にて殺人事件が発生するという物語。長門は夏休みに同じようなことが起こる、とキョンたちに暗示していたのかもしれない。

 
キョンの顔が・・・

精神現象学編集

ISBN 4878932945

ハルヒの心情を理解しようと奮闘する有希ちゃんでした。

 
水上スキーをしながら読んだ本。防水仕様??

衣装戸棚の女編集

ISBN 4488299016

ある田舎町の探偵が遭遇する密室ミステリ。この小説を、例の別荘での事件直前に読んでいた長門は、事件を暗示していたのだろうか。とは言えこの小説の核心部分のアイデアを、本編に取り入れた(というか流用した?)ことは禁則事項である。

麻雀放浪記(一)編集

ISBN 4041459516

愛する妻を失い、娘を放置して麻雀にふけり、ダメ人間と化してゆく男の物語。

膚の下編集

ISBN 4152085614

神林長平の長編SFシリーズの最終作。『地球環境が悪化し人類が火星に逃れ、人造人間アートルーパーが地球を復興している未来。国連軍の戦闘アートルーパーである主人公は、国連の勧告に抗い頑なに地球に残る残留民達との戦闘で負傷する。創造主=人間によって傷を刻まれた彼は、やがて神へと至る残酷な闘いに進んでいく…』という話。被造物が意識を用いて自己の存在を再定義したり、擬似人間が人間的な内的経験を持ったりと、長門とダブるっちゃあダブる?

誘拐症候群編集

ISBN 4575233374

ハルヒを愛するがあまりにキョンを殺してしまった有希の感動ラブストーリ。

赤頭巾ちゃん気をつけて編集

ISBN 4120002780

朝倉に刺されちゃうよ!!

介護入門編集

ISBN 4163234608

おとうさんの対応に困った長門のお助けアイテム。

グランド・フィナーレ編集

ISBN 4062127938

児童ポルノの撮影に手を染めていることが妻に露見し、離婚に至ったばかりか愛娘との接見さえも許されない状況に陥ってしまったどーしようもない主人公。 故郷に戻った主人公は旧友の計らいで赴いた子供会の演劇指導で二人の少女と出会い、身勝手としか言いようのない『グランド・フィナーレ』へと突き進む。

ハルヒ、お前は大丈夫かぁ?

 
読んだ本をそのままにしておくのは、長門らしくない行為。

蹴りたい背中編集

ISBN 4309015700

『人付き合いを厭う主人公が恋愛感情とも言えない、微妙な感情を抱くようになる過程を、高校での日々の生活を通して描く』という、まさに長門のキョンに対する気持ちを代弁している本。長門はこれをキョンの前で読むことによって気持ちを伝えたかったのだろうが……

STARPLEX編集

ISBN 0441003729

これはなんと原書を読んでいるのだ!!よかったら目の前も君もぜひ読んでみよう!!

還らぬ息子 泉へ編集

ISBN 4122010780

愛するこなたんに送った自伝。

逸翁自叙伝編集

ISBN 4820542664

舞台が西宮市だけに、阪急神戸本線など阪急電鉄の逸話に長門も関心を寄せたのであろうか。

細雪編集

ISBN 412200991X ISBN 4101005125 ISBN 4101005133 ISBN 4101005141

この作品は阪神間モダニズムとかつての王朝文化を描いた純文学である。戦前の日本、そして四姉妹の滅び行く美は名作である。

舞台も芦屋市・西宮市西部とこの作品と多く重複してはいるが、仮に現在谷崎潤一郎が生きていて涼宮ハルヒ朝倉涼子キョンを見たらどういう気持ちになるのであろうか。戦前の日本女性に一番近いのは長門有希本人・・・かもしれない。

梅田地下オデッセイ編集

ISBN 4150301263

大阪ネタ。あそこの地下街は迷う。マジで。その迷宮をとりあげた本。

決戦・日本シリーズ編集

ISBN 4150300798

やはり西宮市を舞台とした作品。昭和40年代末の阪神間情勢が伺える貴重な資料としても有名。

関連項目編集

  お願い・・・この項目は涼宮ハルヒに関連した書きかけ項目… 誰か、加筆の許可を。 (Portal:スタブ)