メインメニューを開く

Uncyclopedia β

銀行窓口

銀行窓口(ぎんこうまどぐち)とは、銀行側の都合でなぜかいつも混んでいる窓口のことである。ここでは法人窓口は割愛し、個人窓口に限って述べることにする。

目次

営業時間編集

銀行法施行規則によれば、窓口が開く時間は午前9時から午後3時までと決められている。もっとも、その時間を延長してもよいと定められているが、ほとんどの銀行は午後3時までで営業を終えてしまう。また、基本的に土日祝日は休みである。

普通、サラリーマン平日の午前9時以降は仕事があるし、午後3時までに仕事が終わるはずもない。ゆえにサラリーマンが銀行の窓口を利用できるのは昼休み中に限られる。つまり昼休みは銀行窓口に用事のあるサラリーマンが殺到するので、大変混みあう。結果として、昼休み中に用事が終わらない可能性があるし、運よく終わったとしても昼飯を食う時間は無くなってしまう。

ちなみに外貨窓口では、午前10時にならないと為替相場が出ないとか言って、実質10時からしか窓口を開けない(開けていても客を受け付けない)場合もある。

混雑時間編集

銀行窓口には混雑する日や時間帯というのがあって、概ね以下のようなものである。銀行側は、出来るだけ以下の日時を避けて来店するよう呼びかけている。

  • 開店から1時間程度(午前9時~10時)
  • 閉店前1時間程度(午後2時~3時)
  • お昼休みとその前後(午前11時半~午後1時半)
  • 五十日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)
  • 月初(1~3日くらい)
  • 月末(25くらい~31日)
  • 月曜日
  • 金曜日
  • 決算期(3月、6月、9月、12月)
  • ボーナス時期(6月、12月)
  • 年度末、年度初め(3月、4月)

つまり、1月、2月、5月、7月、8月、10月、11月の、月初・月末・週初・週末・五十日を避けたわずか6~8日間の、午前10時~11時半ないし午後1時半~2時に来店することが望まれる。こんな時間に狙って来店できるのは、余程時間に融通がきく専業主婦か銀行融資とは縁もゆかりもない非・正社員くらいなものだろう。

営業内容編集

まず、定期預金の預け入れ、払い戻しが挙げられる。預け入れの際だけはやたらと愛想がよくなる。バブル時代には10万円預けるだけでもラップやら布巾やら貯金箱やら盛大に渡していたし、100万円単位で預金すると鉢植えやらキッチン家電をプレゼントしていた。定期預金の利率(当時は6~7%くらいあったのだ!)に加えて、こうした粗品目当てに窓口を訪れる者も多かった。昨今では利率は0.02~0.06%ほどになってしまい、粗品もほぼもらえないこともあって、定期預金する者は減っている。

次に両替。あるいは新札との交換。ただ、最近のATMや自動両替機は非常に優秀で、客のニーズによく応えてくれるので、窓口に行っても「あちらに両替機がございます」と追っ払われる始末である。銀行員の意義を疑う。

また、登録住所の変更なども窓口で出来る。しかし電話(なかなか繋がらずいらいらするものだが)や郵送でも変更できるほか、最近ではインターネット上でも簡単に届け出ることができるとあって、窓口を利用する人は減っている。

外貨の両替やトラベラーズチェックの受け付けも行っている。海外旅行の際に持ち歩く外貨の現金を用意するためには、さすがに窓口でなければ不可能なので、利用する人は案外多い。しかし昨今では金券ショップでも外貨両替を受け付けているほか、そもそもクレジットカード決済が主流となって多額の外貨を持ち歩く人も減っているので、利用者は減少している。なお、外貨預金をする者はもともと投資に興味がある人が多く、利益を追求する場合が多い。彼らが手数料の高い窓口を通して外貨預金することは稀なので、ここでは述べない。

結局、銀行窓口を利用するのは、インターネットを使いこなせない中高年や情報弱者が主である。それでもいつも混んでいるのはなぜだろう?

たとえばある中年主婦が定期預金をしに来たとする。50万円を普通の6ヶ月定期にしようと思ったところに、「金利変動型もございます」「満期延長特約付きはいかがでしょう」「こちらは保険とセットになった商品です」と営業を始めるのだ。もともと積極的な資産運用などを考えたことがない層を相手にするので、「ちょ、ちょっと待って!違いはなんなの?」となる。そこで色々と美辞麗句を使って説明を始めるわけだ。顧客が金融面でずぶの素人なのも手伝って、これに結構時間がかかる。

とくに定期預金や保険の売り上げには、支店ごとにノルマが設定されていることが多く、行員の立場からすれば窓口でもいかに商品を売り込むかが重要になってくる。ゆえにあの手この手で営業するので、結果的に一人あたりの時間が長くなり、窓口が混雑してしまうのだ。

意義編集

なんでも自動化・機械化され、インターネットでも用事が済んでしまうこの時代に、果たして窓口の存在意義はどのようなところにあるのだろうか。

ひとつは上述した商品の勧誘・営業である。なんだかんだ言っても銀行は信用があるため、行員に熱心に勧誘されると、うっかりそれに乗ってしまう中高年は多い。こうして預金残高を増やし、保険や国債などを売っているのだ。地方の小さな支店でも窓口は3つくらいあるし、だいたいいつも混雑していることを考えると、こうした窓口での地道な勧誘・営業でもその総額は馬鹿にならないのである。

だが銀行全体から見て、やはり個人相手の商売は額が小さい。1000人の来店客から1万円ずつ利益を上げても、大口法人営業は扱う額が億単位なので、簡単に逆転してしまう。それでも個人向けの銀行窓口には意味がある。それは行員の研修の場だからである。

若手の行員がいきなり法人向けに営業など出来るはずもない。知識も営業トークもないし、大口相手には失敗も許されない。そこで、銀行から見てどうでもいいような一般庶民相手に営業の練習をさせ、スキルを身に着けさせるのだ。我々来店客は、銀行から見たらただの練習台なのである。

諸君らは、銀行窓口に行ったら、ぜひクレームをつけるなり、無理難題を押し付けるなり、喚くなり、なんでもすると良い。そのほうが若手行員にとって実践的な研修効果が期待できるので、銀行からはかえって感謝されるはずである。待っている他の客に迷惑だって?気にするな。あなたが時間を取ろうと取るまいと、銀行はいつだって混んでいるのだから。

例外編集

どんな事にも例外というものがある。個人を対象とした銀行窓口においての例外は「住宅ローン」である。この場合はたとえ庶民であっても数千万単位の取引になるので、法人に匹敵する収益が得られる。そのため多くの銀行では専門の窓口を別に設けて、来客を待たせないようにしている。最近では、わざわざ土日に「住宅ローン専門窓口」を開設する場合も多い。

ただ、個人客に対して丁寧に対応するといっても、実際には大手・中堅以上の企業に勤めるサラリーマンだけが対象である。そうでない者は冷たくあしらわれる。その場合は、中小企業のサラリーマンなら勤め先と取引関係にある信用金庫、自営業も以下同文、農家なら農協を訪ねるとよい。漁師なら漁協と言いたい所だが、漁協は農協と違って銀行業務をやっていない場合が多い。漁師が家を建てようと思うなら、マグロを釣りに行くしか選択肢が無いのが現状である。

何? フリーター…派遣社員…だと。家を建てようというのが、そもそも間違っとる。

関連項目編集

  • 携帯ショップ - こちらは土日や夕方も営業しているが、3月4月の土日に訪れると平気で2~3時間待たされたりする。営業熱心なのは銀行と同じだが、とにかくひとつひとつの対応が遅く融通も利かない。銀行よりも性質の悪い窓口である。