メインメニューを開く

Uncyclopedia β

迷子

おかあさんおとうさんも居ない。一人だけ。百貨店迷子(まいご)になった。どうすればいいの?

目次

フロアにて編集

エスカレーターを上り下りして中を徘徊していると、私と同じくらいの子どもを連れたおばさんに尋ねられたの。

 お名前はなんていうの? おうちはどこかな? お母さんとはどこではぐれちゃったか覚えてる?

ドアが開いて編集

一人で帰ることにした。歩いて。人通りの少ない国道で通り過ぎるはずの車が停まり、スモークのガラス窓が開いたの。

 おじょうちゃん? ママはいないの? おじさんが車にのせてママのところへ連れて行ってあげるからね。

知らないところで編集

足がむくんでいた。赤いランプが付いた建物しか無い。仕方がないので中へ入ることにした。

 未就学の女児を保護。こちら維基警察安西野派出所。整理番号は2008年9月第156号。どうぞ。

歩き疲れて編集

見たことも聞いたこともない文字が書いてある交差点。砂浜が見える。私はただただ走り、足を波しぶきに浸した。人の息すら聞こえない。

 대상자를 확정했습니다.용모와 건강 상태는 모두 량호합니다.지금부터 위대한 동지에 의한 혁명 국가 건설을 위해 숭고한 임무를 수행합니다.

そして編集

誰もいない。頭がくらくらする。

私の横隔膜は突如としてけいれんを始めた。しゃっくりじゃないよ。笑ったの。もうどうでもいいの。もう仲良しなんかできっこない。

 計画通りだね。迷子とは所詮僕の仮の状態。真の目的は―ふふ…楽しみだね…。


ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「迷子」の項目を執筆しています。

私はあたたかい布団の中にいた。

窓から差し込む柔らかい光の中、豆電球がぼんやりとまた異なる色の光を発している。部屋のドアが開いた。

 何してたの? 大丈夫? 君は誰?

  迷子のお知らせです。迷子さん、迷子さん、
至急1階受付までお越しください。 (Portal:スタブ)