メインメニューを開く

Uncyclopedia β

華麗パン

華麗なるパン
「インド何それ?俺の領土にある大都市、カレーで作られたのが起源だろ。」
華麗パン について、フランス国王 フィリップ1世

華麗パン(かれい-)とは華麗の、華麗による、華麗の為のカレーパンである。

概要編集

華麗パンは、華麗なスパイスと華麗なパン生地を用いたパンである。21種類のスパイスを石つぼでつき、二度熟成させた香り立ちの良い、ひと手間掛けたカレースパイスを使用している。肉や野菜がたっぷりはいったこだわりのカレーを包み、生地やパン粉にも工夫を加え、サックリした食感に仕上げている。価格は105円(税込み)で、非常にお手ごろである。平成19年1月14日に全国で発売された。キャッチコピーは「華麗な香り立ちのスパイスを使用」。

歴史編集

カレーは明治時代日本に入ってきた。当時は上流階級軍人にしか食べられない高級料理であり、庶民はカレーとかけて華麗と呼び憧れていた。その後カレーは大日本帝国海軍の手によって改良され、日本中に広まり国民食とまで称されるようになった。

長く庶民の食べ物だったカレーだが、カレーではなく昔の華麗を食べたいという声が次第に増えてきた。これを受けて山崎製パンが歴史的文献から華麗の復刻に成功。しかしパン屋である山崎製パンはレトルトカレーの流通網を持っておらず、ひとまずカレーパンとして販売することとなった。

関連項目編集

ウィキペディア専門家気取りたちも「華麗パン」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。