メインメニューを開く

Uncyclopedia β

脱水ケーキ

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

脱水ケーキ(だっすい - )とは、通常は使われないような食材、いわゆる珍味を用いて作られた存外オツな味のケーキである。

目次

概要編集

色はさまざまだが、ビターチョコのようなこげ茶色に近い物が主流のようである。色はケーキ自体の素材や水分含有量によって変化する。また、保存を効かせるために水分を極限まで脱水する事が多く、名称の由来ともなっている。

リーズナブルであるともされ、場合によっては地球に優しくした結果の産物でもあるとされ、「地球に優しいケーキ」とも言われる。

レシピ編集

材料編集

  • スラリ……とした新鮮な珍味。

作り方編集

  1. スラリ……とした新鮮な珍味をボールに砕きいれて、水を入れる(溶けなくても良い)。
  2. 水を入れたものをよく混ぜ、熟成させる。
  3. 数日後には発泡してくるので、ケーキをフランベして余計なものを飛ばす。
  4. 熟成しきったら、手ぬぐいに包んで全力で搾りきると基本形が完成する。

オツな食べ方編集

地球に優しい食べ方である。

  • 脱水ケーキをオーブンで焼いて、落雁のような歯ごたえを味わう。通好みの味。
  • 砕いて他のケーキにまぶす。異なる食感のハーモニーがたまらない美味しさ。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「脱水ケーキ」の項目を執筆しています。