メインメニューを開く

Uncyclopedia β

終活

終活(しゅうかつ)とは、大学4年生になり、かつ、内定が決まらない場合に行う儀式・エクストリームスポーツである。

概要編集

主に日本において、新卒絶対主義が貫かれており、通常大学2年生にもなると、就職活動を行うのが通例となっている。大学4年生ともなると、残り1年以内に就職先を見つけなければならず、2年生や3年生を相手に戦うのは不利とされている。

そこで大学側が、最終手段として、「終活」という儀式で決着をつけるのが最近の主流となっている。

特に日本で多く行われているが、若者の就職難が話題となっているユーロ圏や、依然失業率が10パーセントを超えるアメリカ、過激な国民性ゆえに日本以上にパイの奪い合いが激しい中国韓国等に置いても、行われている。つまり概ね先進国ならどこでも行われているということである。なお、メキシコやアフリカ諸国においては、若者達はテロ組織やマフィアが厚く庇護してくれるため、こんな儀式を行う必要がない。発展途上国が先進国より先を進んでいる数少ない事例である。

必ずしも、大学生が行う必要はなく、きちんとした手続きを踏めば、卒業後任意で行う事も可能であり、最終学歴が大学である必要性もない。日本をはじめ海外においても、中卒、高卒といった若者も数多く終活を行っている。

主な事柄編集

終活を行うに当たり次のステップを踏む必要がある。

まず、前提として精神科医に睡眠導入剤や精神安定剤を処方してもらい、精神を加速させる。

この時点で悟りを開き、就職なんてしなくてもいいんだと認識できれば、終活を行う必要はない。

但し、多くの場合に、後遺症として、何らかの精神疾患を発祥するため、妙に真面目だと結局終活へ進むケースも多々ある。

安定しない場合において、終活の儀式の準備を行う。

関連項目編集