メインメニューを開く

Uncyclopedia β

素直になれなくて (テレビドラマ)

注意
このドラマに出てくるtwitterは現実世界のtwitterとは異なります。類似品にご注意ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「素直になれなくて (テレビドラマ)」の項目を執筆しています。
「ツイッターも知らないでツイッタードラマ。ツイッター知ってることって、そんなにすごいのか?というのが私の感想です。
こんなのシステムじゃん。調べて勉強して慣れれば、だれでも使いこなすでしょ?
機械やシステムを使いこなすことが、エライ、と思うってのバカみたい。」
twitter について、北川悦吏子

素直になれなくて hard to say i love you』(すなおになれなくて)は、色んな意味で素直になれかった人達を引っ掻き回したフジテレビ系列のテレビドラマである。キャッチコピーは「そのサヨナラは永遠なの?(笑)」または「リア充爆発しろ[1]

目次

概要編集

このドラマはTwitterを通じて知り合った五人の男と女が織り成す群像劇である。Twitterのオフ会[2]から始まった五人がタイトルどおり素直になれない不器用なコミュニケーションを繰り返しながら本当の友情に至るまでを描いた恋愛ドラマである。このドラマの一番の特徴はミニブログともいえるつぶやき垂れ流し装置Twitterを物語の重要な点にすえた部分であり、現代の若者たちの生き方を表現するためのツールとして登場している。この番組に対してのフジテレビの力の入れようは尋常ではなく、主役にはホットドッグプレスのモデル出身のイケメンウォーターボーイズで人気を博した瑛太とのだめカンタービレで同じく有名になった上野樹里という大物若手を配したのみならず、初回当日の笑っていいとものゲストに瑛太を、食わず嫌い王選手権のゲストに瑛太と上野樹里を配するという野心的かつ期待をこめた配役をされている。また現実にあるSNSを登場させていることからTwitter内でも話題にされ、放映前には「リムどころかブロック[3]されたでござる」「フォロワーが全員Botだったでござる」といった最終回予報から「今後『Twitterドラマ見てやてきますた』とリア充の一個師団が上陸するという噂」「当初はかっこよかった主人公たちが『まいんちゃんハァハァ』『むぎゅうううううう』『あずにゃんぺろぺろ』『オナニーなう』『リア充爆発しろ』となっていく様」まで様々な勝手な憶測が飛び交い、前評判はいろんな意味で上々であったといえる。

そして放映が始まった途端にTwitterユーザー内の何かが爆発したかのようにドラマに関する発言が飛び交うことになった。その勢いたるやドラマを見ていないTwitter住民から「ドラマドラマうるせー!」と叫ばれるほどであり、住民の実況でTwitterが尋常でないほど重くなってしまったほどである。いわく、「これ、出遭い厨[4]だろ」「なんでモノローグのオープニングに流血騒ぎが?」「喫茶店でコーヒーをぶっかけて拭こうとしたしたら痴漢呼ばわり、男(瑛太)が」「なんだあのよく分からない在日韓国人は?」「脇役の女がいきなりオフ会でモーションかけだした。だからリア充h…セックスしやがったー!しかも彼女の腕にはリスカ跡?!」「犯罪ktkr」「24歳処女みたいな希少動物がいきなり知らない男の家には上がらないだろ」「ババアのディープキスktkr」「このドラマはフォロー[5]できない」「リア充爆発しろ![6]とTwitter住民から総ツッコミを入れられる羽目になったのである。つまんな過ぎて眠いという意味のハッシュタグ(#kusosugite_nemi[7])が利用されるほどだったが、とてもそうは見えない、一億総ツッコミの様相を示したのであった。

三つの「素直になれなくて」編集

このドラマのタイトルである「素直になれなくて」という言葉はみっつの意味がかけてあると考えられる。一番率直な、表面上の意味は登場人物たちが素直に恋愛感情を吐き出せないという「素直になれない」という意味であるが、それ以外に、おそらくは製作サイドすら考えていなかった二つの「素直になれなくて」が隠れているのである。

素直になれなかったTwitter住民編集

Twitterは新しいSNSとして社会の脚光を浴びているが、実際のところそうではない部分も多い。ともかくヘビーな付き合いを嫌って好き勝手に好き勝手なことが言いたかったり、Mixiでイケメンや心無い女子にいわれのない差別を受けて逃げてきたり、2chでの煽り合いに疲れたり、ラッコウィキペディア追放刑を受けたらアンサイクロペディアでも犬に噛み付かれてほうほうの体で逃げ延びたりして集まってきたダメンズやダメ女子の最後の砦としての機能もある。この現実のTwitterとメディア側の報道しているオサレで鳩ぽっぽなTwitterとの乖離がTwitter住民のストレスとして顕現したといえよう。

このドラマは第一話にして確かにひどい部分が多いが、決してドラマの中で壊滅的にひどい部類(レイプされた直後に彼氏とセックスしたり、無菌室セックスをするような)ではない。まあ少なくとも95パーセンタイル値には入るのではないかというような部類のごく平凡な、はっきり言うとこの作品のテーマはありふれたテーマ──「恋愛」を扱ったまあどこかで見たようなドラマである。「あるコミュニティで知り合った男女の群像劇」など非常に古典的な表現手法であり、2010年現在ではもう手垢のつきまくったありがちなテーマでしかない。そんな平凡極まりない、目新しいものがほとんどないドラマにもかかわらずこれだけのツッコミをしてしまうのはTwitter住民が「リア充爆発しろ!」という点のみに視点を固定されていて素直にドラマを楽しめなかった結果につながったともいえる。

最終的にTwitter住民が出した結論は「リア充爆発しろ!」「これはTwitterじゃなくてもよくね?」「ドラマの中にはTwitterはなかった。Twitterの中にドラマはあった」[8]といったところからもTwitterユーザーが地球の重力的な何かに縛られてドラマを楽しめなかった事がよくわかるといえよう。

素直になれなかった製作サイド編集

フジテレビはこの番組に現代の若者に密着したコミュニケーションツールとしてTwitterを登場させている。だがこの理由に話題つくりという以上の理由が見出せないのもまた事実である。第一話の中にTwitterが頻繁に出てきたのは序盤のみ、それ以降はほとんどしっかりした役割を持ってツールとしては登場していないのである。「まだ第一話だから」という意見もあるが、第一話であるからこそドラマのキーとなるTwitterを露出すべきともいえる。さらに冒頭の語録にあるように脚本家は何かとTwitterとの相性が悪く仕舞いには自分のブログに引きこもってしまうほど、主役の瑛太はあんまりTwitterを理解しているとは思えない節もあり、キャスティングに疑問を感じないでもないのである。思うにこのドラマはTwitterではなく、ただの群像劇として製作されたうえで、製作中にプロデューサーか、もしくは局のもっとえらいさんが「チミチミ、今Twitterとかいうのがはやっているそうじゃないか。ドラマに登場させたら視聴率ドッカン[9]だよチミ(右手で膝の上に乗せた全裸の枕アイドルのケツをまさぐり、左手で股間に顔をつっこませている全裸の枕芸能人の髪を撫でながら)」といった横槍が入ったのではないかと邪推してしまう。

マスメディアの中でもテレビはインターネットというものを仮想敵に考えている。仮想敵がインターネット上で自社の著作物を違法にあつかっているうちはまだいい、仮想敵の中で無料で優良なコンテンツを提供されはじめた日にはCMのお金で生活しているメディアは全員路頭に迷う事になるだろう。「テレビ局に勤めているだけでオサレ文化人気取り」で「自分たちの一挙一動が政治すら動かす」という「はやくギロッポンにいきたーい」な業界人間テレビ人[10]にとってインターネットのような下層民どもに駆逐される事など許せることではない。そしてその対策として常に「インターネットは秋葉原の街中で刃物を振り回して幼女強姦する危険な生き物」としてディスり、お茶の間の善男善女を洗脳し続けているテレビがインターネットに接近してくるというのは尋常なことではない。

製作サイドの中では面白黒人大統領やオサレなリア充男女が見ている大人しいSNS、ことあるごとに噛み付く狂犬集団2chやTVクルー達が女の子を食いまくったMixiとは違う健全で扱いやすいキーワードとしてツイッターを考えていたのであろう。そしてそれをありきたりな群像劇ドラマに突っ込むことでなんとかバランスの取れていた脚本は徐々にひずみを生じさせていき、さらに理想のTwitterユーザーと現実のTwitter廃人[11]とのひずみも加わり、ドラマは破綻して言ったのである。ここまでくると悲劇である。

結論編集

このドラマは素直になれかったTwitterユーザーも製作サイドもどちらも幸せにはなれなかった出会いを演出し、素直にTwitterとかを知らずに見た一般人のみが普通に楽しめたといえる。内容には見るべきところがまったくないが、コピーライターは秀逸であったといえよう。

注釈編集

  1. ^ レイシズムをかかげたイケメンリア充という優良人種が女という資源を独占している(と妄想している)事が許せない非リア充男子の願い。Twitter上で散見される。リア充爆発しろ!
  2. ^ ネット上のコミュニティがオフで会う会合のことでTwitter以前どころかニフティ時代から使われていた言葉。なお大多数のオフ会は女を捜そうとしても無駄か、イケメンが掻っ攫っていくか、「おいおい、これと交尾するぐらいなら俺はまいんちゃんに純潔を捧げるわ」といった事が多いので非リア充の紳士諸君は変な期待はしないこと。
  3. ^ リムはフォローをはずす事、ブロックはフォローまで拒否するというツイッター上での「お前嫌いなんだよ」という表現。なおこれに限らずTwitter用語の良く分からない言葉はウィキペディアの該当ページにおいてTwitterのヘルプよりも分かりやすい形で書かれているので参考のこと。
  4. ^ 出会いを目的としてやってくるTwitterユーザーのこと。男性は非リア充が、女性は男性ほどではないが自分の世界に篭りたい腐女子・オタ女子や不思議ちゃん、暇なおば様たちや「オナニーなう」連発する女傑が多いTwitterでは「(出遭い・援助交際専門のSNSである)Mixiに行けよ」と非常に軽蔑される
  5. ^ 対象のユーザーの発言を監視する事。フォローしている人達をフォロワーという。なおフォロワー数とTwitter上での満足感は必ずしも比例しない。
  6. ^ なお二話もリスカちゃん妊娠の上にフラれたでござると内容は突っ込みどころ満載である。
  7. ^ なお#sunanareのタグの方も参考にしてください。
  8. ^ 実況中に流れてきたRT(リツイート)より。出典URLを探すのは面倒なので勘弁してください
  9. ^ なお視聴率というものは「数十万の視聴者がいて1%」といえるほどのものなのでTwitter住民が見たからといってホイホイ上がるものでない。
  10. ^ 無論そうではないテレビマン&ウーマン、仕事を黙々とこなしメディアを担っているまじめな人達は大勢いる。しかしそういった連中はひたすら目立たないのも事実である。
  11. ^ だいたい1日100Post以上のつぶやきを連発して10000ツイートを越えたあたりから廃人認定される。

関連項目編集

外部リンク編集


この項目「素直になれなくて (テレビドラマ)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)