メインメニューを開く

Uncyclopedia β

筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23

注意
この項目は最新かつ正確な番組情報を提供するものではありません。録画・録音などの際には放送局の公式Webサイト・テレビガイド・EPGなどで最新の情報を確認してください。つまり野球・その他が延長されたり、放送時間が変わっていてもここに書かれている内容は元のままだったりします。
ここの情報を信じた結果、録画に失敗してのたうち回っても決してアンサイクロペディアやテレビ局に人骨などを送りつけないでください。約束だよ?

筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23(ちくしてつやにゅーすわーるどびじねすすてーしょんぜろさてらいとじゃぱんつーすりー)とは、一種のニュース番組の合併版である。若者のテレビ離れの影響から日本唯一のキー局であるフジ東京日本テレビ朝日が合併と同時に計画され、全キー局合併と同日に本放送を始めた。しかし、結局の所、ごちゃごちゃになってしまい、後にバラエティ番組となってしまった。放送時間は23:00~24:30

目次

概要編集

一般的には夜のニュースと言えば、民放各社の経済ネタに的を絞ったテレビ東京のワールドビジネスサテライトを除き、「夜のニュースは論調に小細工を入れただけで何処も一緒」、「必ず左右どちらかの論調に偏る」、「こんなのバラエティじゃん」、「民放のニュースはアテにならん」と言う形で視聴者に飽きられていた。夜のニュースは2000年代に入り、「日本国民誰でもジャーナリスト」と言う言葉に示す通り、議論による左右バランスの保持·バラエティ要素の無い真摯な報道·言論の自由を守った原点回帰を目指したケータイネットでのニュース、さらに電子掲示板での議論の発達により衰退の傾向を見せ始めていった。

そこで、まず論調がほぼ同じのTBS筑紫哲也NEWS23とテレビ朝日の報道STATION(筑紫哲也 NEWSSTATION23)、フジテレビのNEWS JAPANと日本テレビ放送網のNEWS ZERO(LIVE200X NEWS ZERO JAPAN)をそれぞれ合併する事により、内容は同じ様な横並びのニュース番組姿勢を取り止める様に持って行き、合併で空いた枠をアニメやバラエティ、ドラマ等に充てる様にする動きがあった。

ところが、2000年代中頃にブロードバンドの発達·普及、更には米帝から参入してきたYouTubeの日本語版をはじめとする動画サイトの発達により、民放テレビの取り巻く環境は厳しくなる一方であった。しかも、数々の巧みな偏向報道捏造エクストリーム·謝罪を起こした事によりTBSの免許取り消し騒動から一気に日本の民放の総合併がすさまじい勢いで進んでいき、合併と同時にその番組は始まった。ニュース番組の堕落を反省材料とし、ニュース番組の原点回帰をコンセプトとしている。

しかも、今まで中道の定義があいまいだったため、ごちゃ混ぜにすることにより真の中道姿勢の追求をしていくことをコンセプトとした。

内容編集

どうせ、論客を出してもニュースのバラエティ化という同じミスを繰り返してしまうし、特集はテーマだけ与える物とし、議論はネットに任してしまえと、徹底した人件費削除・・・という名目だけは一丁前であった・・・という面倒臭がりやな番組だが、人間らしいし真の中道性を保つのにいいだろうということで黙認・・・が、決まったゲストの呼びすぎで結局は矛盾を生じるが・・・これがしかし、時たま中道になるように秀逸なものは読むという姿勢は取りやめなかったものの、さまざまな学者がテレビから干されてしまい、本とネットでしか主張する場がなくなってしまった。

しかし、なんとキャスターは各局の代表者の5人いて、それぞれの仲が悪く喧嘩と嫌がらせに終始してしまいやはりニュースのバラエティ化が食い止められなかった。それにくわえ、キャスター同士の口論が絶えず起こってしまい肝心なニュースをすっぽかしてしまうようなことも日常茶飯事であった。しかも、あっちはアニメ声や投資家気取り、こっちはつくつくぼうしの声、あっちはジャイアンのリサイタル風や野球マンセー風、またあっちはまるでネットウヨ風の芸能人気取り、あっちはJRA風、あっちは斬りかかったりとなんかわけわからんことになって、「どこが中道やねん!」、「どこがニュースやねん!」という厳しいツッコミが局にじゃんじゃん入ってきたという。

しかも、中道に持っていくようにネットを生かしたものの、結局は読まれた人の罵倒合戦や荒らし合戦になってしまい、肝心なテーマに沿った議論をすっぽかすこともしばしばであった。結局は夜のニュース番組からバラエティ番組へと格下げになってしまった。この影響で、真の中道は非常にあいまいなものだなと再認識した国民も多かったという。しまいにはPTAより、低俗番組の烙印を押されるようなバラエティー番組へと変化していき、計画倒れのいい見本となる反面教師的番組へとなっていった。

余談だが、タイトルがあまりにも長いのでこれをかまずすらすら言えることが、ここの出演者としての第一歩となる。

キャスターとゲスト編集

固定キャスター編集

日によって変動編集

天気担当編集

ゲスト編集

※(気まぐれに以下の人限定で呼ぶ。呼びすぎる傾向があるが・・・)

過去の出演者編集

  • 横山ノック(性犯罪論に関するネタなどを担当していたが、すでに他界。)
  • 筑紫哲也(元メイン司会者。表向き療養中のためイレギュラーで出演していたが、2008年11月7日に肺癌の為、73歳で死去。局の意向で番組名に筑紫の名が残されることになった)
  • 宮根誠司(たかじんや辛坊と同じポジションにいたが、2008年11月29日に2006年8月15日から2年以上に渡って再婚を隠して別の出演番組の共演者である丸岡いずみに言い寄る等のセクハラ行為を行っていた事が発覚。結局これが元で宮根は道義的責任を取って同日付で急遽降板。)
  • 出水麻衣(膳場とともに2009年3月まで火曜を担当していたが、小林麻耶の尻拭い役に指名され降板。)
  • 河野明子(木曜担当だったが、寿退社の為2009年3月一杯で降板。)
  • 大浜平太郎(金曜担当だったが、2008年9月に夕方ワイド番組に異動し降板。)
  • 松本方哉(メイン司会者の内の一人。表向き妻の介護の為2009年7月27日に正式降板する事を番組冒頭で発表。)
  • 滝川クリステル(水曜日担当、2009年9月降板。)
  • 森田正光(2009年4月から半年間お天気担当だったが、夕方ワイド番組復帰の為降板。)
  • 小林麻央(月曜日担当。結婚を機に2010年3月降板。)
  • 岡山裕子(2009年3月までは天気担当、同年4月から火曜日担当。小林麻央と同じく結婚を機に2010年3月降板。)
  • 梅津智史(2008年10月から2年間金曜日を担当していた。)
  • 市川寛子(木曜担当だったが、週末に左遷されたため2011年3月に降板。)

タイムテーブル編集

ひとくちでいうと、とにかくごちゃまぜである。とりあえず、テーマ発表後、15分おきにひとニュース、15分おきに特集記事議論の優秀な記事を読む時間と区切られているが、守られていないことが多い。・・・てか、ごちゃごちゃであることがこの番組クオリティらしいとか

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

テーマ曲編集

オープニング曲·エンディング曲ともに
Hip Hop Shit bymiyoco

提供編集

視聴率編集

あまりにもごちゃごちゃなニュース番組のスタンスを取ったため、視聴率は合併前の横並びのニュースバラエティ体制より悪化していた。 論調。左右ごちゃごちゃな局同士の合併という無茶が祟ったという専門家の分析が視聴率低下の有力な説のようだ。(ちなみに、一番視聴率が高い曜日は滝川クリステルが出演してる水曜日である。) ゆえに、普通のニュースはネットNHKに譲り、ニュースバラエティに改造していく予定である・・・らしい

筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23に関する著名人の反応編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑紫哲也 NEWS23」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「NEWS ZERO」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニュースJAPAN」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「報道ステーション」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワールドビジネスサテライト」の項目を執筆しています。
「こんなタイトル余にとって短いうちよ。ちくしてつやにゅーすわーるどびじねすすてーしょんぜ・・・あっ、噛んでしまった」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、足利義昭
「信長め一丁前に軍事論なんか語りやがって、しかもどこまでもごちゃごちゃじゃ。」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、武田信玄
「中道といいつつ喧嘩ばかりしているキャスター、ゲスト、視聴者どもに全員毘沙門天の怒りを喰らわせたるわ!」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、上杉謙信
「なんていう壮大な合併なんだろう。こんなに合併すれば、そりゃあけんかになりかねないのは自明の理なのに・・・」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、オスカー・ワイルド
「あーん、こんなに長くしても覚えられないよぉ」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、野比のび太
「おのれ、信長めこんな番組で調子乗って喧嘩ばかりしおって、ここの番組関係者全員に御仏の怒りを喰らわせてやるからな・・・」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、本願寺顕如
「気違い番組だろうと予測していたが、こりゃ想像を絶するほど気違い番組だわ」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、塩爺
「中道性のかけらもなく、ただのキャスター喧嘩・・・斬りっ!」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、波田陽区
「こんな番組見たら負けかなと思っている」
筑紫哲也NEWS WORLD BUSINESS STATION ZERO SATELLITE JAPAN23 について、NEET

関連項目編集